TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競争の源は「緑」?Going Green! その2
【タイム誌への投稿】

1月15日号のタイム誌の記事"HOW BUSINESS SAW THE LIGHT(TIME, January 15,2007)"について、本日投稿しましたので投稿内容を公開します。

HOW BUSINESS SAW THE LIGHT   TIME, January 15, 2007

Going Green

Who can save the planet plagued by the deteriorating environments and dying birds and animals? Environmental NGOs? Governments? International Institutions? No. Smart companies can, as you pointed out. Some of them are Toyota and Wal-Mart that have already been acting positively so far to protect our earth within their own playing fields since they know that is the only way to stay competitive for survival.

I do expect them to push many unconscious consumers and the authorities to act together because they are not likely to act pro-environmental unless they are driven into the corner, despite that they began to feel vague uneasiness about the future of their lives due to the unexpected scale and speed of the climate change appeared last year such as Hurricane Katrina and the warm winter in the northern hemisphere.


≪拙訳≫

環境破壊が進み、鳥も動物も絶滅しようとしているこの地球を救えるのは誰か?環境NGO? 政府? 国際機関? 答えは「ノー」だ。

貴記事が指摘するように優れた企業なら出来る。それがトヨタでありウォールマートなのだ。彼らがそれぞれ自分達の領域で積極的に環境保護に向けた行動を続けてきたのは、生き残りのため競争力が維持できるのはそれしかないと自覚しているからなのだ。

僕はそれらの企業が無自覚な消費者や政府に共に行動を起こすよう促してほしいと強く願っている。というのは、ハリケーン・カトリーナや北半球での暖かい冬など昨年の気候変動の規模やスピードがあまりにも不意だったため、これからの生活に漠然とした不安を感じ始めているにも拘わらず、大半の消費者や政府はとことん追い詰められなければ行動しないからだ。


【追記】

今朝、タイム誌のいつものGloriaさんから「採用するかもよ」という例のメールが届きました。昨年11月6日号で採用してもらったので、またしばらくは難しいかなあ?。

Dear Reader,

Thank you for writing. We welcome timely, insightful reactions to material we have published, and we can assure you that your observations found an attentive audience among the editors. Should your comments be selected for the column, you will be notified in advance of publication. Again, our thanks for letting us hear from you. We hope that you will write again should you discover something of particular interest in the news or in our reporting of it.

Best wishes.

TIME Letters


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/95-c63c70a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。