TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイム誌の「今年の人」
タイム誌の選んだ「今年の人」】

毎年恒例のタイム誌のカバーを飾る今年の人」("Person of the Year")。一体2006年は誰を選んだんだろう? キム・ジョンイル? いや、今年は意外な人が選ばれました。

061225TIMECover

 米誌タイムは16日、毎年恒例の「今年の人」(パーソン・オブ・ザ・イヤー)に、「あなた」を選んだと発表した。世界中の人々がインターネットを通じて情報を発信、コミュニケーションのあり方を変えたとして、「デジタル民主主義の市民」が今年、最も影響力があったと認定した。
 「今年の人」は、1年間で最も話題となり、影響力があった人物を選出する企画で、1927年から行われている。2004年はブッシュ米大統領、昨年は米マイクロソフトのビル・ゲイツ夫妻らが選ばれているが、03年の「米兵士」のように個人以外の例もある。(12月16日付産経新聞)


そう、今年のタイム誌のカバーにあるパソコンの画面に映る「あなた」が「今年の人」なのです。粋な選択ですね?。

※タイム誌の記事「今年の人」("Person of the Year")

【ネチズンが創る未来】

以前、ネットワーク上の市民という言葉としてネチズンという言い方があった。結局日本ではあまり定着しなかったが、まさに今年そういう時代が来たことをウェブに関わるすべての人々が実感したのではないだろうか。

それが「ウェブ2.0」であり、ブログの興隆であり、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの膨張であり、みんなで作るウェブ辞典Wikipediaの蓄積であり、そしてタイム誌が「今年の発明」に選んだYouTubeの動画だったのだ。

It's about the cosmic compendium of knowledge Wikipedia and the million-channel people's network YouTube and the online metropolis MySpace.

人々はただ受身でニュースを見聞きするのではなく、ただ大女優の演技を観るのでもなく、ニュースキャスターの解説を聴くだけでは物足りなくなったのだ。そしてまさに世界中の「あなた」や僕がパソコンの前で批評を書き込み、歌を録音し、自分の姿を録画して、ブログやSNSやYouTubeに自分自身を公開し始めたのだ。

これを革命的な変化と呼ばずに何と呼ぼう。タイム誌の目のつけどころは凄い。

【自ら世界を変えよう!】

あらゆる権威や権力が今この新しいネット社会の出現に脅威を感じている。野放しにすれば自分達の地位が危うくなると恐れている。

僕たち個人は、ウェブで得たこのパワーを楽しみのためだけではなく、自分達の世界をよりよくしていくために、最大限に活用していくことが出来る。

ネット上だけでなく、「あなた」がいつでもどこでも、時空を超えて主役になれる時代がやってきたのだ。そして市民を欺く権威を震え上がらせることも出来るのだ。さあ、あなたも自ら発言し、創造してみませんか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/90-dd8ec5a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。