TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素晴らしきアジアの鉄道の旅
【悠久の大地を走る】

列車の旅は大人の旅心をくすぐります。ましてその旅がアジアの悠久の大地を走るとしたら・・・・たまりませんよね。

そんな列車の旅を紹介しているのが12月4日号のタイム誌グローバル・アドバイザーの記事「素晴らしい路線」("FINE LINES")です。

アジアの旅を計画するんだったら、時間の節約には飛行機、お金の節約にはバスが適しているでしょう。でも列車の旅の快適さは味わえません。そこで4つの素晴らしい路線を推薦しましょう。

If you're planning an Asia-Pacific holiday, flying will save time and taking the bus will save money - but neither afford the comfort of train travel.

1.東京?博多(Tokyo- Hakata) www.japanrail.com

いうまでもなく新幹線のぞみ号で駆け抜ける時速300キロの旅。窓の外の田んぼがぼやけてしまうほどのスピードです。東京で朝食をとって夜は博多でラーメンを。

2.ダーウィン?アデレード(Darwin - Adelaide) www.gsr.com.au. 
Ghan Train

オーストラリアの伝説の列車GHAN号は50度にもなる灼熱の大地を駆け抜けていきます。アフガンのラクダ追いにちなんでつけられた名前の列車はダーウィンからアデレードまで2979キロの距離を走ります。



3.ハノイ?ホーチミン(Hanoi - Ho Chi Minh City) www.vr.com.vn 

かつて「統一急行」("Reunification Express")と呼ばれていたThong Nhat line。贅沢を尽くした二階建て車両に乗ってハノイからホーチミンへ32時間の旅。途中にはダナンや古都フエにも停まります。

4.北京?ラサ(Beijing - Lhasa)   www.chinatibettrain.com 

チベットの列車

中国?チベット間を行き来する高山列車。中には標高5千メートルに達するところもありますが心配ご無用。列車には酸素マスクが備えられています。北京からラサまでは片道48時間あまり。なかなかスリルありますよ。

日本はともかく、オーストラリア、ベトナム、チベットとそれぞれ行ってみたいところばかりですね。みなさんはどこが好きですか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/87-55399a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。