TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勢力逆転!??米中間選挙
民主党、米議会奪還か?】

11月7日に迫った米中間選挙。世論調査によると民主党が少なくとも下院の過半数を奪還する可能性が高まっている。

米中間選挙を7日に控え、ロイターとゾグビーが実施した調査によると、下院でカギとなる共和党の現有議席15議席をめぐる争いで12人の民主党候補がリードしていることが分かった。
 支持率の差を2ケタでリードしている民主党候補は5人であるのに対し、共和党候補は1人にとどまった。
 共和党の現職議員9人のうち、民主党候補にリードされているのは7人。これまで共和党地盤で今回、新人候補が出馬している6選挙区のうち5選挙区でも民主党がリードしている。
 民主党が下院で過半数議席を確保するためには、現有議席に15議席を上積みする必要があるが、今回の調査で、共和党が1994年以来初めて過半数議席を失う可能性が高いことが示された。 (11月2日付ロイター)


この逆転をもたらそうとしている要因は何なのだろうか?

【ブッシュとイラク

11月6日号のタイム誌のカバーが「トップの孤独」("It's Lonely At the Top")と題してその要因を明らかにしている。ブッシュ大統領イラクだ。その表紙に身体半分表舞台から外れているブッシュ氏の姿。共和党からも信頼を失い、孤独なブッシュはタイム誌の言うようにまさに「ローン・レンジャー」なのだ。

061106TIMECover

THE LONE RANGER

He's faltering in Iraq. He's out of favor with his own party. He's increasingly isolated. Why this U.S. election is all about George W.Bush and the world he's created.


僕ら日本人にもブッシュ大統領イラク政策は失敗だったというのはよくわかる。これ以上傷口を広げるなというのがアメリカの多くの市民感情なのだ。

Post/ABC世論調査によると、その市民の31%がブッシュへの不満を表す手立てとして今回の中間選挙に投票すると答えており、ブッシュ支持の17%と大きな開きが出ているのだ。

Post/ABC News Poll, 31% of those surveyed said they will use their congressional votes to register their opposition to Bush. By comparison, only 17% said they plan to use their vote to show support for Bush.

【頑固な政治家】

孤独なブッシュ大統領

それでもブッシュはイラクに固執している。この頑固さ(stubbornness)がある意味ブッシュの強さであり、9/11テロからブッシュ氏の考えは全く変わっていないという。しかし、国民の信頼を失ってはただの頑固親父になってしまう。

中間選挙の結果が出たら失敗は失敗と認めて、何が米国にとって、いや世界にとってベターな方法なのか早く見極めて方向転換を図ってもらいたい。

それともそれを本人に求めるのは無理なのだろうか。ブッシュ大統領の任期はあと二年続く。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/73-b4383eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。