TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刺青になった「9/11の衝撃」
【9/11の"証"】

9/11の刺青

今週号のタイム誌のエッセイには「少し、引きました」。いつものエッセイなら文字がびっしり並んでいるのですが、今回は一面に大男の背中に彫られた刺青(Tatoo)の写真が掲載されていたのです。良くも悪くも時には百万言の言葉よりも一枚の写真が人々に何かを訴えることがあるのです。

背中に彫られているのは、5年前の9/11に航空機が激突して燃えさかる世界貿易センタービルとそのときに殉職したニューヨーク消防隊の5人の消防士の名前です。自分の部下だったのでしょうか。

9ヶ月かけてこの刺青を彫り込んだCassidy(34才)氏は、その後この刺青を施した刺青師と結婚したそうです。彼は失った5人のことが頭から離れなかったのですが、「この刺青の痛みが、心の痛みを癒してくれた」そうです。

The Tattoo, which took nine months tocomplete,was therapeutic. "The pain in my back was good for the pain in my head", he says. Plus Cassidy, 34, married the tattoo parlor's receptionist.

アメリカ人の英雄の弔い方】

不思議に思ってその消防士たちの所属していたTiernach Cassidy's firehouseを調べていたら、 「勇者達のメモリアル」("Bravest Memorial")というサイトを見つけました。そこにはあの9/11で人々を救うために勇敢に突っ込んでいった消防士たち346人を追悼する様々な行事などが綴られていました。

※「勇者達のメモリアル」("Bravest Memorial")のサイト

驚くことに、タイムエッセイに載っていた刺青と同じように彼らの勇敢な行動を讃え、弔うために自らの身体に彫り込んだ刺青も数多く掲載されています。

死者の弔いと刺青を結びつける行動は、日本人の僕にはあまり素直には理解できないのですが、これがアメリカ人の英雄に対する弔い方なのでしょうか。

いづれにしても、あのテロが如何にアメリカ人の心に深く刻み込まれ、傷つけたかというひとつの証拠ではあるのでしょう。一生消えない肌に自ら刻み込むわけですから・・・

タイムエッセイのタイトルはアメリカ人の肌」("American Skin")でした。

※2006年9月11日付タイムエッセイ「アメリカ人の肌」("American Skin")はここをクリック!

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/52-df34fa8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。