TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マグロ争奪戦?変貌する地中海
地中海のクロマグロ

クロマグロ

あのとろけるようなトロの味覚。美味いですよね。今や日本人だけでなく、世界中の食文化になりつつある握り鮨。その寿司ネタの定番のひとつ、マグロは半分以上地中海産だって知ってました?

8月21日号のタイム誌の環境記事に 「地中海のマグロ争奪戦」"THE MEDITERRANEAN'S TUNA WARS" と題して、鮨やクロマグロへの食欲は今や世界的なマーケットを生み出したが、反面近代的な漁法が地中海の生態系を破壊していると警鐘を鳴らしています。

【伝統漁法と近代漁法】

tuna wars

大きいものは900キロ、4メートル近くあるクロマグロ。餌を求めて地中海を回遊します。このクロマグロを追って近隣の漁民はジブラルタル海峡付近で伝統的な漁法で限られた数のマグロを捕獲、アジアのバイヤーに売っています。

これに対して、最近は鮨や刺身といった日本の食文化の世界的な広がりが巨大なマグロ需要を生み出し、世界中の多国籍企業が近代的な漁法で大量にマグロを捕獲・飼育して日本のバイヤーに売っているのです。

その結果、昨年の地中海でのマグロの漁獲高は大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)が決めている漁獲割当量32,000トンを大幅に上回る50,000トンに達したと推測されています。

このアンバランスが何をもたらすか。

【減り続ける資源と日本の責任】

日本のはるか彼方の地中海で繰り広げられているマグロを巡る争奪戦。伝統漁法で生活の糧を得る漁民と近代的な漁法でマグロを一網打尽にし利益を得る多国籍企業。やり方は違っても売り先はほとんど日本なのです。そして資源は減り続ける。

その背景には、日本が誇りにする鮨や刺身の食文化があり、それがまさに生態系の破壊の元凶となっているという厳然たる事実。

一体、これをどう受け止めて日本はどんな責任を果たしていくべきなのでしょうか?タイム誌は表立った日本への批判はしていません。

しかし、これは日本人の喉に突きつけられた重い課題だと思いませんか?

≪参考≫

「マグロをめぐる問題: 資源管理について」・・・WWFジャパンホームページ

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/48-3d31589e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。