TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心臓のアウトソーシング?
【アジアへ病院旅行?】

心臓のバイパス手術のためインドやタイの病院に出かける、そのためのツアーがあると聞いたら行きますか?

日本では幼い子供の臓器移植手術のために募金を募って渡米するという例はよく耳にしますが、アジアへというのはあまり聞きませんね。ところがアメリカでは年々普通の人たちが手術を受けにアジアに渡るようになっているそうなのです。

【高額医療費と保険が誘引】

Outsourcing your heart

7月31日号のタイム誌のグローバルビジネスのコーナーに「心臓をアウトソーシング」("Outsourcing Your Heart" )と題して、アメリカでは医療ツアーがブームとなり、医療コストの増加に悩む米企業がそのメリットに注目し始めたという記事が掲載されています。

Medical Tourism is booming in Asia, and U.S.companies anxious to contain health-care costs are taking note.

インドの病院

医療ツアーの行き先はインド、タイ、マレーシア、シンガポールなどで医療保険に入ってなかったり、不十分な保険にしかかかっていないアメリカ人がどんどん参加しているということです。その数たるや昨年は5万5千人で30%もの増加ペース。

アメリカ人をツアーに駆り立てる理由は大きく二つ。

ひとつは米国内の医療費の高騰。2015年までには医療にかかる費用はGDPの5分の1に達する一方、無保険の雇用者は4人に1人にもなるそうです。

そしてもうひとつは、医療費高騰による内外価格差の拡大です。例えば米国での治療をタイやマレーシアで受ければそのコストはアメリカの2割から3割程度、インドではもっと低くなるとなれば多少のリスクは覚悟しても医療ツアーに参加してみようという気持ちになるのはわかります。

Procedures in Thailand and Malaysia, he found, cost only 20% to 25% as much as comparable ones in the U.S, ; top-notch Indian hospitals sell such services at an even steeper discount.

もちろん従業員の医療保険の負担増に悩む米企業がこの事実に目を向けないはずはありません。今、先進的な米企業はすでに医療保険のオプションとしてインド等への医療ツアーを従業員に提供するところも出てきているそうです。

【いづれ日本にも波及】

高額の医療費と医療保険の高騰。日本は超高齢化社会の到来という米国とは少し違った背景はありますが、医療が抱える問題は同根です。

冒頭に申し上げたとおり、法律の壁で国内で治療が出来ない臓器移植が患者の米国への流出という事態を招いているのと同様に、日本でもごく近い将来インドやタイに治療を受けに行くようなツアーが当たり前になるのではないでしょうか。

これだけ世界中の医療の標準化が進み、今まで途上国といわれていた国々でも先進国と同様の医療が受けられるようになれば、医療の価格差を求めて患者が世界中を行き交う時代が来る。そのとき、ますます医療費が払える人と払えない人の格差が拡大していくでしょう。一体この現実を私たちはどう受け止めたらいいんでしょうか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:★インド☆ - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/42-8534652f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。