TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
W杯開幕?イメチェン図るドイツ
【いよいよ開幕、ドイツW杯】

サッカーファンが待ちに待ったドイツW杯が9日始まりました。

ドイツW杯開幕式

 サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会が9日、ミュンヘンW杯スタジアムで開幕した。1974年西ドイツ大会以来のドイツでの開催で、東西統一後は初の国家的イベントとなる。
 7月9日(日本時間10日未明)のベルリンでの決勝まで64試合が行われ、開催国ドイツと各大陸予選を勝ち抜いた国・地域の計32チームが世界の頂点を目指す。(6月10日付読売新聞)


開幕にふさわしい晴天となったミュンヘンのスタジアムは6万6千人の観衆で埋まり、1ヶ月におよぶ一大イベントのスタートに酔いしれていました。そして、ドイツ市民の期待に応えて、1次リーグA組の地元ドイツチームが4?2でコスタリカを破りました。そのドイツ、このW杯を自国のイメチェンに活用しようと張り切っているそうです。

【堅物ドイツから楽しいドイツに】

6月12日号のタイム誌にワールドカップ特集記事で「ドイツの新しい競技場」("Germany's New Pitch")と題して、サッカーの勝ち負けより世界的スポーツ大会であるワールドカップをドイツの新しいイメージ作りに活用しようとする思惑を紹介しています。

2006FIFA World Cup

ドイツのイメージチェンジ?そう、最悪はヒトラー、いいものでも「ドイツ人は時間に厳格でビジネスライク」といった堅物のイメージが定着しています。

例えば、ファイナルゲームが行われるベルリンのスタジアムは規模と言いアクセスのよさといい文句ない施設ですが、問題はアドルフ・ヒトラーが1936年のオリンピック開催に備えて国威発揚のために建てた世界中が思い出したくない施設なのです。

It had been built on a grand scale, with 76,005 seats, and was close to the center of Berlin. The only problem was its history; the stadium had been constructed by Adolf Hitler for the 1936 Olympic Games.

今回ドイツは、そんな敢えて思い出したくない歴史さえも呑み込んで、ドイツに対するステレオタイプのイメージをぶち壊し、新しいドイツをアピールしようと試みているそうです。曰く、ドイツのリブランディング(ブランド再構築)!

"We are doing a kind of national rebranding." "The Cup is a unique opportunity,"Merkel said recently, "for Germany to present herself as a hospitable, joyful and modern nation, bursting with ideas".

「ホスピタリティに溢れ、楽しくモダンな国?ドイツ」とでも言いましょうか。

【頑張れ、ドイツ】

そういえばドイツからの中継に出てくるドイツ市民の表情は総じて笑顔で明るく、ホスピタリティいっぱいという印象が強いですね。きっとドイツ国民がみんなワールドカップそのものを楽しんでいることに加えて、国を挙げてドイツのイメチェンを図ろうと意識しているからだと思います。

僕もどちらかというとステレオタイプのドイツのイメージが強かったのであまり好きになれませんでした。でも昨年の夏、フランクフルト、ローテンブルク、ハイデルベルグ、ミュンヘンと回ってみて重厚な歴史と近代的な側面が見事に調和し意外に素晴らしい国だなあと思いましたが、ワールドカップ後にさらに「ホスピタリティに溢れ、楽しくモダンな国?ドイツ」のイメージが定着すればまた行きたくなるのではないかと思います。 頑張れ、ドイツ!

《参考》

2006FIFA ワールドカップ公式ページ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/22-353d5fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。