TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球温暖化と原子力発電
【原発よ、こんにちわ】

地球温暖化の脅威が連日メディアに報道されて、人々の関心が高まるにつれて世界中であれほど怖れられていた原子力発電がクリーンエネルギーのひとつとしてカムバックしつつあるのをご存知ですか?

080225TIMECover

2月25日号のタイム誌に「チェルノブイリは忘れよう」("Forget Chernobyl")と題してインドからフィンランドまで原子力エネルギーが見直されているが、かつての恐怖はいまだに健在だとの記事が掲載されている。

NUCLEAR POWER Forget Chernobyl. From India to Finland, nuclear energy is making a comback. But old fears die hard.

【チェルノブイリの恐怖】

チェルノブイリ

チェルノブイリ原発事故が起きたのは忘れもしない1986年4月26日。あの日から長期間にわたって世界は見えない放射能の恐怖に包まれ、人々の環境に対する意識を大きく変えただけではなく、それ以後当時のソ連邦崩壊、東西冷戦の終結のきっかけを作ったとまで言われている。

さらに、この大事故は原発に対する欧州を中心とした一般市民の拒絶反応を引き起こし、ドイツやイギリスなどの新規原発建設の縮小や世界的な原発反対運動へとつながっていった。日本の原発推進政策も少なからず影響を受けた。

しかし、あれから22年近くが経ち、あの大事故の記憶も薄れ、さらには石油をはじめとする近年のエネルギー価格の高騰が原発見直しの世界的な機運をもたらしているのだ。さらに地球温暖化の危機的なまでの進展が大事故のリスクを抱えながらも少なくとも石炭やエネルギーよりはCO2排出が少ないという理由で原発の見直し機運をいやがうえにも高めているのだ。

【ダモクレスの剣】

ダモクレスの剣

しかし、本当に原発は地球温暖化の防止に役立つのだろうか?厳密に言えば「否」である。なぜか? それは原発自体の発電効率の悪さ、発電所そのものはCO2を排出しなくとも原発を稼動するためのプロセス全体(ウラン採掘、燃料輸送、原発建設、廃棄物処理等々)では膨大な石油を消費せざるを得ないという点にある。

さらには、途上国など世界中に原発建設ラッシュが起きており、今後原発が世界中に拡散することになれば予期せぬ大事故の可能性は高まってくるという問題もある。

しかし、原発の負の側面を知りつつも、今後数十年で後戻りできないほどの緊急性を求められている地球温暖化防止に少しでも役立つのであれば、原発もCO2排出を抑制するために導入せざるを得ないというのが現在の世界の趨勢になりつつある。さらには、日米原子力メーカーと欧州メーカーの熾烈な受注競争もそういう趨勢にドライブをかけつつあるのだ。

僕自身も気候変動や地球温暖化の急激かつ深刻な進展を目にするとき、大事故のリスクを知りつつもこれからは原発も活用せざるを得ないのではないかと考えてしまう。はたして、あなたはこの問題どう対処すべきだと考えますか?まさに僕らは日々の安寧の中で知らず知らずのうちに地球からダモクレスの剣を突きつけられているのではないだろうか。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/167-92c7408c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。