TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分で出来る皮膚治療!?
【悩み解消?】

Newest Wrinkle

目のまわりの隈、にきび、シワ、吹き出物。何とかしたいと思うのは、女性ばかりではありませんよね。男性だって気になります。特に、誰でも年齢を重ねれば「若くありたい」と願って、なんとかしたいと思うのが人情です。

でも今は化粧で隠す以外は、長い時間待たされて皮膚科や整形外科に行って直すしかありません。

と思っていたら・・・・軽ければ家でも出来る「皮膚治療器」とでも言えるものがアメリカではすでに販売されているのをご存知ですか?

【自分で出来る皮膚治療】

10月29日号タイム誌「新しいシワ」("The Newest Wrinkle")と題して、巨大化粧品メーカーが自分で出来る皮膚治療器(do-it-yourself dermatology gadgets)に注目する理由についてレポートしています。

The Newest Wrinkle - Why do-it-yourself dermatology gadgets have the attention of the consumer-products giants

皮膚治療器

アメリカでは、例えば、しわやにきびの症状を和らげる機器やにきびや吹き出物のバクテリアを殺菌したりする機器が100ドルから500ドル前後で販売されているのです。もともとはこれらの機器は皮膚科の医師が使用しているものを一般消費者向けにジョンソン&ジョンソン(J&J)やプロクター&ギャンブル(P&G)のような大手化粧品メーカーが開発し、FDA(米国食品医薬品局)の認可を得て発売したものです。

もちろん、それらの大手医薬品メーカーの思惑といえば、それなりの消費者のニーズがあって大きなマーケットに育つ可能性があるからでしょう。

【使い勝手と安全性】

果たして大手メーカーが思い描くとおりのマーケットになるかどうかは、それらの機器の安全性と使い勝手のよさが実証されて、消費者が「これなら自分でも」と思うようになるかどうかにかかっています。大きな賭けですね。

So do these products turn back the clock? Well, to work for the mass market, these powerful tools, meant for a physician's expertise, have to be downsized and idiot-proofed.

"It's a real challenge: to get it to work as well as we can but keep it within the safety that is required for home use."


数年先を行くアメリカ市場で実証されれば早晩日本にも上陸してくるでしょう。顔のしわや吹き出物に悩まされている方々、もう少しの辛抱かも知れませんね。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

《参考》

・「自分で出来る皮膚治療器」を販売している米国のインターネットサイト

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/151-830e8273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。