TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石油を巡るアフリカの夢と現実
【ああ、アフリカよ】 (少し長くなりますがお付き合いくださいね)

アフリカ

アフリカと言えば、みなさんはどういうイメージをお持ちですか?南アフリカでのワールドカップ? 貧困? ボノ氏? 内戦? どれもアフリカの実像の一端です。

人類発祥の地アフリカは、面積3,030万平方キロメートルで、世界全体の22.3%を占めるが、人口は8億5,000人で、世界人口比では13.7%を占めるに過ぎず、現在は53の独立国によって形成されている。(フリー百科事典ウィキペディアの「アフリカ」より引用) 

しかし、アフリカは長い間ヨーロッパ諸国の搾取に喘ぎ、1950?60年代にかけて次々と独立を果たしたものの、人口の増加に経済成長が追いつかず、不安定な政治が各地で内戦をもたらし、貧困と環境破壊に苦しんでいると言うのが実情だ。

どちらかと言うと、こういったマイナスイメージしか出てこないアフリカに今大きな転機が訪れようとしている。その転機をもたらすのは石油だ。

【石油を巡るアフリカの夢】

070611TIMECover

6月11日号のタイム誌のカバーストーリーは、 「アフリカの石油の夢」("Africa's Oil Dreams")と題して、価格高騰と中東の混迷の中でアフリカの石油がこの地域の富を増やし夢を与えてくれるのか、それとも腐敗と暴力と不平等をもたらすのか問いかけている。

With prices high and the Middle East in turmoil, Africa's reserves are more alluring than ever. will its burgeoning wealth transform the region - or merely fuel greater corruption, violence and inequality?

ここ数年、高騰を続ける石油は産油国に巨万の富をもたらしている。ロシアしかり、サウジアラビアなどの中東諸国しかりだ。世界の石油埋蔵量の10%近くがあると言われるアフリカも例外ではない。特に西アフリカの湾岸諸国、ギニア湾沿い、ナイジェリア、ガポン、アンゴラといった地域にはその石油資源を求めて米国、イギリス、ドイツ、日本、中国などの国々のオイルマンたちが殺到しているのだ。

夢をもたらすアフリカの石油の魅力とは何か?

第一はその質の高さだ。硫黄分が少なく、それほど精製のコストがかからない。

African oil is high quality, with a low sulfur content that requires little refining to get it to the pump.

第二に、オフショアの油田が多く輸送コストが安いことだ。パイプラインなどが必要となる陸地と違い、船で直ぐ搬送でき、特に米国にとっては地理的に近いのが大きなメリットなのだ。

そして第三に、その安全性。オフショアが多いためにテロなどの危険が少なく、オイルメジャーが早くから利権を持っていたためにメキシコやロシアのような国家の石油支配のリスクから免れているのだ。

【誰にとっての夢か?】

アフリカの石油

こういった魅力があるため、もし1バレル50ドル以上の価格が続けばギニア湾だけでも2020年までに1兆ドルの稼ぎがあると米国のシンクタンクは予想している。これは50年代から60年代にかけての独立以後のアフリカへの援助額の倍以上にあたる。これほどの巨額の富がアフリカにもたらされるのだ。
しかし、これらの富がアフリカの貧富の格差の是正に役に立つかと言うと楽観は出来ない。エコノミスト達は、「石油の呪い」("curse of oil")と称して石油がもたらす富は権力者を腐敗させ、暴力や貧困を助長する恐れがあると指摘する。

もともと権力基盤が弱く、民主主義も根付いていないアフリカ諸国に群がる石油メジャーや中国等の資源の乏しい国々が群がれば結果は火を見るより明らかだろう。

タイム誌の論調にも「米国にとっての利益かどうか」といった傾向が垣間見える。アフリカの未来、そしてアフリカの人々の夢を叶えるために最も必要なことは彼らが自ら立ち上がることだ。しかし、先進国や新興国が資源確保のために群がるだけでなく、アフリカの真の自立のために出来ることは山ほどあると思うのだがどうだろうか? ボノ氏ひとりに頼っていていいのだろうか?


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/126-9915d924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。