TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイソン復活の謎?その2
【タイム誌への投稿】

3月26日号のタイム誌の記事「バッファローが歩き回るわけ」("Why the Buffalo roam." TIME, March 26, 2007 )について3月26日に投稿しましたので公開します。

バッファローと人間

Mother Nature unexpectedly warns us that the excessive behavior of human beings could give life or death to any species on earth. One positive example of such behaviors is given by your article that the recovery of the Buffalo in number has been closely linked to the human appetite for meat. Paradoxically enough, only natural and wild environments can foster leaner bison than cattle to satisfy the greed for healthier meat without locking them in the confinement feedlots filled with tons of pesticide and fertilizer. The more eco-friendly wild environment is preserved all across the U.S., the more bison could eat natural grass for their leaner and healthier body.

Therefore, I strongly feel that Bison gave us a precious lesson that someday human beings would perish by such terrible diseases as mad cow disease if we continue to breed cattle in confinement with lots of pesticide and fertilizer.


≪拙訳≫

大自然は突然、人間の行き過ぎた行動が地球上のあらゆる生物を生かしたりも殺したりもするものだという警告を発することがある。その行き過ぎた行動のプラスの例が貴記事にあるとおり、バッファローの数の回復が人間の肉食に対する欲望と密接に結びついているということだ。十分逆説的なのは、自然そのままの環境だけがバイソンを牛よりもスリムな肉にするということだ。そうなることで、バイソンを農薬と肥料まみれの囲い込みタイプの肥育場に閉じ込めずに、健康的な食肉への人間の願望が満たされるのだ。全米で環境への負担が少ない野生の環境が多くなればなるほど、もっと多くのバイソンが自然のままの草を食べ健康でぜい肉のない身体を造ることになるのだ。

だから、バイソンは僕ら人間がこのまま農薬まみれのまま狭いところで牛の飼育を続けるならば、人類は狂牛病のような恐ろしい病気で滅びるということを警告してくれたんだと僕は感じている。


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking


【追記】

3月27日にタイム誌のいつものGloriaさんから「採用するかもよ」という例のメールが届きました。昨年11月6日号で採用してもらったので、またしばらくは難しいかなあ?。

Dear Reader,

Thank you for writing. We welcome timely, insightful reactions to material we have published, and we can assure you that your observations found an attentive audience among the editors. Should your comments be selected for the column, you will be notified in advance of publication. Again, our thanks for letting us hear from you. We hope that you will write again should you discover something of particular interest in the news or in our reporting of it.

Best wishes.


TIME Letters
スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/111-e8f471fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。