TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人1人!??タイムが選んだ100人
【100人中1人?】

毎年恒例の「タイム誌が選んだ世界でもっとも影響力のある100人」特集号。
タイム誌の選んだ100人特集号




100?The lives and ideas of the world's most influential people

 ※記事にある100人のリストと各人に対するコメント

日本からは今年は小泉首相1人が選ばれました。ちなみに昨年は何人だと思われます? 昨年は2人。ひとりはトヨタの渡辺社長、もうひとりは宮崎駿監督でした。アメリカの雑誌なので当たり前といえば当たり前なのですが、今年も「日本人に対するアメリカ人の認知度はこの程度か」と寂しい限りでした。

【印象深い人たち】

少なくとも米大リーグのイチローは、松井は?とは思ったのですが、大リーガーはアメリカ人もいませんでした。全体的にはアメリカ人が7割以上を占めていて、コンドレッサ・ライス氏、ブッシュ大統領、クリントン元大統領、ビル・ゲイツ氏は昨年に引き続き顔を出していました。

これから少し100人の中からご紹介しますが、知らない人が多いので以下は個人的な見解とお断りしておきます。

まず、100人の中で印象深いのは、リーダーでは慈善活動家の顔が注目されるビルゲイツ夫妻ヒラリー・クリントン氏、ドイツでの初めての女性首相メルケル氏、イラン大統領ザワヒリ氏、パキスタンのムシャラフ大統領

科学者には知った人があまりいませんが、あのウィキペディア(Wikipedia)の創始者ジミー・ウェルズ氏が印象に残りました。

ヒーローとパイオニアとしては、女優アンジェリナ・ジョリーが貧困問題と向き合う勇気ある女性としてトップに来ているのは意外でした。彼女は国連難民高等弁務官事務所のグッドウィル大使に任命されているそうです。

そして「オゾンマン」との異名をとる地球温暖化問題に取り組むゴア氏、ゴルフ界のミシェル・ウィー氏、これまたアフリカの貧困問題を世界に知らしめたボノ氏、さらに一昨年のインド洋での大津波での救援活動に尽力したクリントン元大統領とジョージ・H.W.ブッシュ元大統領

後は「ビルダーと巨人」のカテゴリーには、ドバイの大事業家シーク・モー氏(Mohammed bin Rashid al-Maktoum)、無料インターネット電話スカイプの創始者ゼネストロムとフリス氏(Zennstrom and Friis)。

「芸術家とエンターティナー」で知っているのはウィル・スミスメリル・ストリープくらいでした。

みなさんは何人ご存知ですか?そして誰に一番興味がありますか?

【良くも悪くも日本の顔】

そして最後に小泉首相。よくも悪くも古い日本を揺さぶった首相として紹介されているが、どちらかというと世界に通用する大リーダーというよりも「変わり者」といったコメントのようです。

他にどの分野でも目立った日本人がいないとみなされたこの一年、確かに小泉首相がタイム誌の100人にかろうじて引っかかる日本人だったという点は納得できますね。おめでとうございます、小泉さん。

《参考》

僕のブログ「タイムの選んだ100人」 (2005年4月19日)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://luckymentai.blog63.fc2.com/tb.php/11-089c3b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。