TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厳粛な生と死―シエラ・レオーネの母子
【ひとりの母親の死】

シエラ・レオーネ
アフリカ大陸の西側に位置する小さな国シエラ・レオーネ。この国ではまだまだ母親の出産時のリスクは高く、なんと10万回の出産のうち、およそ千回の出産で母親が亡くなるという。 おおよそ10人のうち、ひとりの母親が出産時に亡くなるという世界で最も出産リスクの高い国だ。

この写真に写っている18歳の母親Sessayさんも双子の赤ちゃんを出産して直ぐに出血多量で亡くなった。母親の死と引き換えに新しい生命が誕生したのだ。それは厳粛すぎる人間の生と死のドラマだ。 ("The Perils of Pregnancy: One Woman's Tale of Dying to Give Birth" on Page.34-41, TIME magazine issued on June 14-21, 2010)

【まだ多くの改善の余地】

日本では産婦人科医の減少という問題はあるものの、出産そのものにまつわる母親のリスクというものは世界的には最も低い国ではなかろうか。しかし、発展途上国を含む世界181カ国では、まだまだ出産時の母親のリスクは極めて高いのが現状なのだ。しかもそのリスクの多くは、もっともっと低減させることが可能なケースが多いという。

世界の最近の母親の出産時の死亡率は、1980年?2008年の間に毎年1.3%ずつ改善しているという。そして多くの国で2015年までに2000年の水準から75%死亡率を改善しようという努力が行われている。

母親を救うのは実に単純なことだ。例えばペルーでは田舎に住んで出産を控えた母親をメディカルセンターに待機させるということであったり、インドではメディカルセンターではなく家で出産するのが慣習であるため、センターに来ればお金をもらえるというインセンティブを与えると言ったようなことだ。

いづれにしても、1分間にひとりの母親が世界のどこかで出産とともにこの世を去るという厳しい現実をなんとか少しでも改善して、安心して子供が産める世の中になっていくことを望みたいものだ。そして子供を生むということが母親にとって未だに多くの国にとって命を懸けた営みであることを忘れないようにしたい。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

世界に広がる乳がんの脅威
【タイム誌への投稿】

10月15日号タイム誌の記事"The Changing Face of Breast Cancer"について10月12日に投稿しましたので公開します。

The Changing Face of Breast Cancer TIME, October 15, 2007

071015TIMECover

Whenever action is needed to change the deteriorating situation like the spread of cancer diseases, the first thing to do is to let people know the fact and educate them as quickly as possible.

In this sense, it is quite fitting and proper for a sophisticated and global media like you to let many people on earth inform the shocking fact that breast cancer has been widespread not only in the developed countries but many developing ones with such an unexpected speed. I was one of the citizens who did not know the fact of breast cancer and was enlightened by your article.

To fight against this awful disease, some kind of global support system similar to “Baby Hatch” or a telephone hotline is needed for women who are suffering from breast cancers but being reluctant to talk about them for fear of being isolated from their husbands, families or communities. Each of them are so lonely and desperately need help.


≪拙訳≫

癌が各地に広がっていくような悪い状況を変えるのに先ずすべきことは、できるだけ早くその事実を人々に知らせて、彼らを教育することです。

その意味で、貴誌のようなグローバルなメディアがこれほどのスピードで先進国のみならず途上国でも乳がんが広がっているという恐ろしい事実を世界中の人々に伝えるのは本当に時宜にかなっていることだと思います。私も乳がんのこのような事実は知りませんでしたし、貴記事で啓発された市民のひとりです。

この恐ろしい病気に立ち向かうためには、乳がんには罹っているものの、夫や家族や地域の人達から孤立してしまうのではないかと恐れて病気について話すこともできない女性たちのために、例えば「赤ちゃんポスト」や電話ホットラインといったような世界的なサポートシステムが必要です。彼女たちひとりひとりは孤独で助けを必要としているのですから。


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking


【参考】

10月16日にタイム誌からお礼のメールが届きました。今年は未だ一度も採用されていませんが、そんなことにはめげずこれからも投稿し続けます。皆さん、応援よろしくお願いしますね。

Dear TIME Reader,

Thank you for letting us hear from you. The editors appreciate the interest that prompted you to write, and they have made attentive note of your comments. We hope that you will continue to share your thoughts with us.


Best wishes,

TIME Letters


テーマ:ガン治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

途上国の子供達を救え!!?その2
【タイム誌への投稿】

10月16日号のタイム誌の記事「シンプルな処方箋」("A Simple Solution")について、10月24日に投稿しましたので投稿内容を公開します。

061016TIMECover

Sensationalism sometimes covers the truth behind the norm believed by many people on earth. So long I have had little doubt that the main killers of children in the developing countries such as India, Bangladesh, and Ethiopia are the avian flu, HIV and starvation until your article gave me an awakening fact of diarrheal diseases as the grave cause of many deaths of those poor children over there.

What is more striking for me is that only a pinch of sugar and salt with clean water can be available for them to revive. I do appreciate your effort to let us know this simple solution for the survival of the children in those countries and do hope as many governments, world organizations and celebrities all over the world as possible realize the importance of this simple solution and mobilize the needed fund as early as possible.

≪拙訳≫

センセーショナリズムは時にこの地球の大勢の人たちが信じている常識の背後にある真実を覆い隠すことがある。長い間、僕はインドやバングラデシュ、エチオピアといった途上国の子供達を死に至らしめている大きな原因が鳥インフルエンザやエイズや飢餓だと信じて疑いませんでしたが、貴記事を読んでそれらの国々のかわいそうな子供達が多数下痢によって亡くなっていく事を知り目を覚ましました。

もっと驚いたのはたった一握りの砂糖と塩と綺麗な水があるだけで子供達を救うことが出来るということでした。途上国の子供達を救うこの簡便な方法を知らしめてくれた貴記事に本当に敬意を表するとともに、できるだけ多くの世界中の政府、国際機関、著名人たちがこの解決法に目覚めて、できるだけ早く必要な資金を集めることを希望するばかりです。


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

途上国の子供達を救え!!
【大いなる誤解】

バングラデシュエチオピアといった途上国の多くの子供達が飢餓や疾病に喘いでいることは多くの人が知っています。でも子供達を死に至らしめるものが何かご存知ですか?そこには大きな誤解があるようなのです。

【世間の注目との乖離】

061016TIMECover

実はメディアでよく紹介されるエイズやマラリアなどよりも下痢によって引き起こされる脱水症状が多くの途上国の子供達の命を奪っているのです。

10月16日号のタイム誌のカバーストーリー「シンプルな処方箋」("A Simple Solution")には、専門家も含めた多くの人たちが誤解している途上国の子供達の健康と死についてバングラデシュやエチオピア、タイといった国々の実情を紹介しながら衝撃的な事実と問題提起をしています。

事実をご紹介しましょう。今世界中の子供達(5才以下)の死因のうち二番目が「下痢」(1位肺炎、2位下痢、3位マラリア、4位はしか、5位エイズ)であり、WHOによると年間3百万人が下痢性疾患で亡くなり、そのうちの1.9百万人は5歳以下の子供なのです。

The result, according to the World Health Organization(WHO): 3 million people a year still die from diarrheal complications, including 1.9 million children under 5, or 17% of the estimated 11 million deaths in that age group.

下痢はあまりにも一般的な疾患であり、先進国ではそれほど問題視されないし、エイズや鳥インフルエンザのように世間の注目を集めることも少ないため、世界中の有名人達による○○撲滅キャンペーンといった動きも出てこないのです。でも実際は毎日下痢で命をなくす子供達が後を絶たない。

その結果、WHOは2004-5年でHIV対策に217百万ドル、結核に123百万ドルかけているのに、下痢対策には7?10百万ドルしかかけていないのです。

【シンプル・イズ・ベスト】

下痢疾患の子供

さらに驚くべきことに、その下痢を撲滅するのにそれほど大掛かりで複雑な処方箋は必要ではなく、タイムの表紙にあるように一握りの砂糖と少々の塩、そしてコップ一杯の水さえあれば脱水症状の子供を死の淵から助け出せるというのです。

そんな簡単な処方箋で救えるのなら何故しないのか?そこには先ほど紹介したようにエイズ等の疾病に比較すると優先度が低いこと、世間の注目度が低いこと、下痢を起こす途上国の子供達の衛生環境が極端に劣悪なこと、途上国の衛生教育が立ち遅れていることなどが挙げられます。

しかし、こんな重大なことが何故見過ごされているのか、なにか世界の目を下痢に向けさせ、ひとりでも多くの子供達にこの処方箋を届ける道はないものか、みなさん、どう考えられますか?
それにしてもこういう一見見過ごされがちな問題を単刀直入に、しっかり取り上げるタイム誌に敬意を表します。何事もシンプル・イズ・ベストですね。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

先人の知恵を薬に?インドの挑戦
【危機に晒されるインドの知恵】

060807TIMECover

アーユルヴェーダってご存知ですか? アーユルヴェーダとは、インドに古くからある学問で過去いくつもの世代によって蓄えられた知恵の蓄積です。それは医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含まれます。

Aurveda is the accumulation of thousands of generations' worth of knowledge.

そのインドの知的財産とも言うべきアーユルヴェーダに基づいて生成された草が大きな危機に晒されており、その現代への復権が期待されているとの記事が8月7-14日号のタイム誌に「Natural Healing」というタイトルで掲載されています。

Natural Healing ?Will India succeed in bringing its ancient Ayurvedic plant medicines into the modern world?

一体、どういうことなんでしょうか?

【合法的に盗まれる古代の

危機の兆候は三つ。

アーユルヴェーダ

ひとつは、1995年に米国の研究者がインドでは主婦でもそのとしての効用を知っているインドカレーのスパイス「ターメリック」を、治療として特許を獲得したことにあります。

もちろんインド人は「盗人猛々しい」と激怒し、10年の長きにわたって官民が協力して数百万ドルの費用をかけて裁判で争って特許権を剥奪することに成功しました。それからはインドは自分達の知的財産を護るため、アーユルヴェーダに基づいて生成された植物による治療法を5千にも上る特許として欧米の特許事務所に申請しています。さらにアーユルヴェーダを現代医学に生かすべく、1万4千に及ぶ治療法を特別のデジタル・ライブラリー(Traditional Knowledge Digital Library)に保存しています。

もうひとつは、インドの若者達のアーユルヴェーダ離れ。彼らはアーユルヴェーダに基づく治療よりも西欧の安くて手軽な治療を選ぶようになっているのです。

そして最後に、アーユルヴェーダに基づく治療は植物をまるごと使うため、近年の森林破壊や耕地の行き過ぎた拡大などと相俟って原料となる植物が少なくなっていることです。もちろん、インドは手をこまねいているわけではなく、それらの植物を調査・研究する施設を作り、希少な植物の栽培法や効を日々研究しています。

【知的世界遺産を守り、活用しよう】

空前の経済的な活況に沸くインド。そこには世界各国から資金が集まり、IT産業などの新しいビジネスが生まれ、新しい富を手にする人たちが欲望にまかせて新たなビジネスチャンスを手にするべくうごめいています。

しかし、その影で数千年の歴史と伝統がはぐくんだアーユルヴェーダのような知見が失われてはインドという一国家の損失のみならず世界的な損失を招来することになってしまいます。

活況を呈しているからこそ、その表層にある株式や金融の動きばかりに惑わされず、インドの知的財産を世界の知的財産としてどう守り復権させたらいいか僕ら日本人も思いをめぐらせるのも大事だと思います。みなさんはどう思われますか?


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
心臓のアウトソーシング?
【アジアへ病院旅行?】

心臓のバイパス手術のためインドやタイの病院に出かける、そのためのツアーがあると聞いたら行きますか?

日本では幼い子供の臓器移植手術のために募金を募って渡米するという例はよく耳にしますが、アジアへというのはあまり聞きませんね。ところがアメリカでは年々普通の人たちが手術を受けにアジアに渡るようになっているそうなのです。

【高額医療費と保険が誘引】

Outsourcing your heart

7月31日号のタイム誌のグローバルビジネスのコーナーに「心臓をアウトソーシング」("Outsourcing Your Heart" )と題して、アメリカでは医療ツアーがブームとなり、医療コストの増加に悩む米企業がそのメリットに注目し始めたという記事が掲載されています。

Medical Tourism is booming in Asia, and U.S.companies anxious to contain health-care costs are taking note.

インドの病院

医療ツアーの行き先はインド、タイ、マレーシア、シンガポールなどで医療保険に入ってなかったり、不十分な保険にしかかかっていないアメリカ人がどんどん参加しているということです。その数たるや昨年は5万5千人で30%もの増加ペース。

アメリカ人をツアーに駆り立てる理由は大きく二つ。

ひとつは米国内の医療費の高騰。2015年までには医療にかかる費用はGDPの5分の1に達する一方、無保険の雇用者は4人に1人にもなるそうです。

そしてもうひとつは、医療費高騰による内外価格差の拡大です。例えば米国での治療をタイやマレーシアで受ければそのコストはアメリカの2割から3割程度、インドではもっと低くなるとなれば多少のリスクは覚悟しても医療ツアーに参加してみようという気持ちになるのはわかります。

Procedures in Thailand and Malaysia, he found, cost only 20% to 25% as much as comparable ones in the U.S, ; top-notch Indian hospitals sell such services at an even steeper discount.

もちろん従業員の医療保険の負担増に悩む米企業がこの事実に目を向けないはずはありません。今、先進的な米企業はすでに医療保険のオプションとしてインド等への医療ツアーを従業員に提供するところも出てきているそうです。

【いづれ日本にも波及】

高額の医療費と医療保険の高騰。日本は超高齢化社会の到来という米国とは少し違った背景はありますが、医療が抱える問題は同根です。

冒頭に申し上げたとおり、法律の壁で国内で治療が出来ない臓器移植が患者の米国への流出という事態を招いているのと同様に、日本でもごく近い将来インドやタイに治療を受けに行くようなツアーが当たり前になるのではないでしょうか。

これだけ世界中の医療の標準化が進み、今まで途上国といわれていた国々でも先進国と同様の医療が受けられるようになれば、医療の価格差を求めて患者が世界中を行き交う時代が来る。そのとき、ますます医療費が払える人と払えない人の格差が拡大していくでしょう。一体この現実を私たちはどう受け止めたらいいんでしょうか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:★インド☆ - ジャンル:海外情報

自閉症克服に向けた英知
【自閉症のイメージ】

060529TIMECover

「自閉症」と聞いて皆さんはどういう人を連想されますか?僕は「ひきこもり」やうつ病に近いものだと思っていました。しかし、これは自閉症に対する誤った認識であることがタイム誌の記事でわかりました。

5月29日付のタイム誌のカバーストーリー 「自閉症児の心に迫る」"INSIDE THE Autistic Mind"には、最新の脳医学の知見と自閉症児の告白によってこの謎の多い病気が解明されようとしていることがレポートされています。

A wealth of new brain research - and poignant testimony from people who have autism - is lifting the veil on this mysterious condition

「自閉症」とは英語のAutismの翻訳からきているようですが、自閉という響きが誤ったイメージを植えつけるのではないかと思います。

【ハンナの奇跡】

この記事の冒頭に出てくる自閉症児ハンナちゃんの話は、自閉症を正しく理解している大人でも「はっ」とさせられる感動的なものでした。ハンナの13回目の誕生日の数日前に「奇跡」が起こったのです。

両親やセラピストや先生達のハンナを救うための献身的な努力の末に、コンピューターを使うことをはじめた矢先、典型的な自閉症児としてなにも出来ないと思われていたハンナがついに大人たちの質問にキーボードを叩いて答えたのです。

「おかあさん、好きよ」("I love Mom")

この出来事以後、ハンナは高校の生物学、数学、古代史などを勉強し始めたのです。それにしても、アメリカ人の子供達の実に166人に1人が自閉症になるという現実のなかでハンナの話は自閉症児をもつ多くの両親に一筋の光明をもたらしたのは間違いないでしょう。

【解明進む自閉症】

ハンナの例だけでなく、最近自閉症に関して今までの常識を覆すような新しい知見が明らかにされようとしています。

Its causes are still uncertain, ........But slowly, steadily, many myths about autism are falling away, as scientists get a better picture of what's going on in the bodies and brains of people with autism and as more of those who are profoundly affected, like Hannah, are able to give voice to their experience.

例えば、自閉症も癌などと同じくちゃんとした原因となるものが沢山ある病気なのだということ。また、従来考えられていた自閉症は小脳の障害だというのは間違いで脳全体に広がる病気ではないかということ。免疫機能が自閉症の重要な鍵になることなどなどです。

さらに多くの研究者が信じているのは、自閉症は遺伝的要素と環境の両方が引き金になって発病するということです。

【偏見を捨てて自閉症児に救いの手を!】

とかく日本では障害を持つ子供にいわれなき偏見を持ち、知らず知らずの間に仲間はずれにしたりすることが多いのではないでしょうか?自分も恥ずかしながらそういう冷酷な面を持ち合わせていると反省しました。

今一度、この記事を読み直し一人一人が自閉症や障害をもつ子供たちのことを真剣に考える機会を持つことは、僕やみなさん自身にとっても大切な命の選択だと思いませんか?こういうチャンスを与えてくれたタイム誌に感謝!

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。