TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消えたタフネス?安倍氏辞任の謎
【消えた警戒心】

首相に就任する以前から海外のメディアは、安倍首相のことを「筋金入りの保守派」(a born conservative)とか「国家主義者安倍」(Nationalist Abe)と呼んで警戒していた。そして任期前半はまさにその警戒心を裏打ちするかのように、安倍内閣は教育基本法改正、防衛庁の省への昇格、憲法改正のための国民投票法成立などの公約を強行採決によって実現してきたのだ。

しかし、代表的な海外のメディアであるタイム誌も安倍政権にこんな結末が待っていることは予想していなかったようだ。

070924TIMECover

9月24日号タイム誌は表紙に涙顔の安部首相を持ってきて、「消え入る(首相)」("Fade Away")と題して国際舞台での断固たる姿勢を望んでいた首相の思惑は、経済への関心が高い国民と最後まで折り合わなかったとレポートしている。

Fade Away - Shinzo Abe wanted Japan to stand tall on the international stage, but his agenda never clicked with a public more concerned about the economy

筋金入りの保守派から消え入る首相へ。何がこれほどのギャップをもたらしたのだろうか。

【テロ特措法が引き金?】

辞任表明する安部首相

それにしても不可解な突然の辞任劇だった。その最たるのものが、辞任の理由だ。すなわち、安倍氏がその辞任会見で、辞任の理由は松岡農水相の自殺でも、年金問題でも、参院選での惨敗でもなく、民主党の小沢代表が党首会談を断ったからだと語ったことだ。

確かに安倍氏が政治生命を賭けると見得を切ったテロ特措法の期限延長問題で真っ向から対立する小沢民主党との党首会談に一縷の望みを託していたのに、それが実現できなかったことが彼を心理的に四面楚歌の状況に追い込んだのかも知れない。

いづれにしても、タイム誌は、複数の専門家の言葉を引用しながら、持病に加えてあまりにも重い責任に耐え切れなくなった、岸元首相という偉大な祖父を持つ若きプリンスの姿を驚きをもって紹介している。
【早く混迷からの脱出を】

この記事が書かれた時点では未だ福田氏擁立が確たる動きになっていなかったので、次期総裁としては麻生氏の名前しか出ていないが、タイム誌は、誰がなるにせよ、日本はまた首相が次々に入れ替わる旧来の派閥政治に逆戻りする可能性があると書いている。

Whoever wins, Japan may be returning to the bad old days of fractional politics, in which Prime Ministers come and go as party infighting overshadows the issues the country really needs to tackle.

混迷の元は自民党だけではない。民主党も今は小沢代表に「お手並み拝見」とばかりに党内の意思統一が図られているが、右から左まで党内意見は幅広く政権与党になれるかどうか疑問も多いのだ。

サブプライム問題で揺れる世界経済の余波は日本にも波及してきている。景気後退を未然に防ぐためにも、早く改革の姿勢を継続できる首相の登板を望みたいところだ。国内で小さなコップの中での小競り合いをしている場合ではありませんよ、民主党自民党の国会議員のみなさん!!

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

安倍首相が進むべき道は?
【タイム誌への投稿】

2月12日のタイム誌の記事「安倍氏の進むべき道」("CAN SHINZO ABE FIND HIS WAY?  TIME, February 26, 2007 ")について2月26日に投稿しましたので公開します。

迷路の安倍首相

As you illustrated in your article that Shinzo Abe is lost in a big-circled maze with his puzzled look on his face, many Japanese people are also perplexed and discouraged by his poor performance and fighting posture for tough reforms against the rigid bureaucracies and the old regime of the LDP for the last several months. In other words, he seems not to focus on the disparity between the rich and poor, job security, aging population and mounting national debt that people are most concerned, but still excessively on a return to traditional Japanese values and constitutional revisions that they are not.

What is worse is the recent surrounding noise by some of his cabinet members’ slip of the tongue with little respect to their young and inexperienced Prime Minister. The only way for him to reverse this difficult situation and get credit from people is to stand firm by himself, not leaning on the big and old bosses of the LDP circles. If he begins to hear the voices “Poor Abe!” from the people on and off, that might be the end of the story.


≪拙訳≫

困惑の表情を浮かべた安倍首相が大きな円の迷路の中で迷っている貴誌のイラストにあるとおり、多くの日本人も過去数ヶ月での首相の貧弱なパフォーマンスや、手ごわい官僚や自民党の旧い勢力に対する断固とした姿勢が見られないことに困惑と失望を感じているのだ。言い換えれば、首相は皆が最も関心のある格差問題、雇用問題、高齢化そして巨額の財政赤字などに焦点を当てようとせず、未だに皆がそれほど関心のない日本の伝統的な価値観や憲法改正といったことばかり追いかけているように見えるのだ。

さらに悪いことに閣僚の中にはこの若くて経験の少ない首相に敬意を表さずに、失言を繰り返すといった騒ぎも周辺には起きているのだ。安倍首相がこの難しい局面をひっくり返し、皆の信頼を得るには、自民党の大物や老政治家達に頼るのではなく、自らの足で立つことしかない。国民から「安倍さん、かわいそう!」と言われ始めたら、もう終わりだろう。


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

【追記】

2月27日にタイム誌のいつものGloriaさんから「採用するかもよ」という例のメールが届きました。昨年11月6日号で採用してもらったので、またしばらくは難しいかなあ?。
Dear Reader,

Thank you for writing. We welcome timely, insightful reactions to material we have published, and we can assure you that your observations found an attentive audience among the editors. Should your comments be selected for the column, you will be notified in advance of publication. Again, our thanks for letting us hear from you. We hope that you will write again should you discover something of particular interest in the news or in our reporting of it.

Best wishes.


TIME Letters

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

ブレない安部首相への評価
憲法改正への道】

外国メディアとのインタビューで安倍首相が久しぶりに憲法改正に言及した。

国会

 安倍首相は31日、首相官邸で米CNNテレビと英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューに個別に応じた。内閣広報室によると、首相はインタビューで、憲法改正について「自民党総裁任期は3年で2期までしか務められない。自分の任期中に憲法改正を目指したい」と述べ、今後6年間に自らの手で憲法改正の実現を目指す考えを示した。
 また、「時代にそぐわない条文として典型的なものは9条だ。日本を守る観点や、国際貢献を行う上で改正すべきだ」と述べ、9条改正の必要性を指摘した。
 安倍首相は就任後、憲法改正について所信表明演説で「与野党で議論が深められ、方向性が出てくることを願う」と述べるなど、踏み込んだ発言を控えていた。 (11月1日付読売新聞)


首相就任後1カ月あまり憲法改正等への言及を控えていた安倍首相。この1カ月で首相に対する巷の評価はどうなったのだろうか?

【落ち着いて本領発揮?】

就任早々から北朝鮮核実験という予想外の「国難」をソツなく切り抜けただけでなく、タイミングのいいことに小泉政権の負の遺産だった中国・韓国との険悪な関係を自らの電撃的な訪問で和解に導くという大舞台をもきっちりこなしたのだ。

中国で閲兵する安倍首相

10月30日号のタイム誌は、「本領発揮」("HITTING HIS STRIDE")というタイトルで韓国訪問中だった安倍首相北朝鮮核実験の報にたじろぐどころか、絶対ひるまないぞという確固たる姿勢を見せつけた事を素直に評価している。

Amid a nuclear crisis, Shinzo Abe has handled his first weeks as Japan's leader with great aplomb.

シーファー米国大使の言葉を借りれば、「幸先のいいスタートを切った」というのが安倍首相の応援派、批判派共々のとりあえずの評価なのだ。

"I think he's off to a fast start." U.S.Ambassador Thomas Schieffer said last week.

安倍首相にこんな「晴れの舞台」を提供してくれたキム・ジョンイル総書記に首相は足を向けては寝れないくらいだ。

【正念場はこれから】

しかし、正念場はこれからだ。安倍首相は強くて美しい国を目指していると常々語っているが本物の国力とは、

1.確固たる国家の理念 ⇒憲法

2.しっかりした経済力

3.世界から信頼される高い文化度

4.自由でオープンな言論⇒批判を許す寛容さ

5.したたかな外交力

6.上記に裏打ちされた軍事力


だと僕は思う。特に戦前の日本のように言論統制と秘密主義がはびこれば巨大な軍事力も張子の虎になるのは自明だ。それだけ自由な言論は国家の強さ・美しさには必須だと思う。

安倍首相がこれから本当に憲法改正を目指すのならば、まずは自由な言論としっかりした経済力を担保するのが本物の仕事ではないか。どうも軍事ばかりに気をとられているのではないかという疑念がつきまとうと思うのは僕だけだろうか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。