TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忌み嫌われる国?米国
【驚きの調査結果】

そうではないかとは思っていたものの、実際に数字を見せられるとびっくりだ。3月26日号タイム誌に、 "Hearts and Minds" と題して、主要国に対する見方についてBBCが世界27カ国28千人にインタビューして調査した結果が出ていた。その中でも米国についての結果が一番衝撃的だ。

1. 米国が世界に悪い影響を与えてると考えている人が50%以上いる国

カナダ(56%) メキシコ(53%) ブラジル(57%) チリ(51%) アルゼンチン(64%) 英国(57%) ドイツ(74%) フランス(69%) ポルトガル(55%) ギリシア(78%) トルコ(69%) エジプト(59%) レバノン(58%) アラブ首長国連邦(57%) ロシア(59%) 中国(52%) インドネシア(71%) オーストラリア(60%) 韓国(54%)

2. 米国が世界にいい影響を与えていると考えている人が50%以上いる国

フィリピン(72%) ケニア(70%) ナイジェリア(72%)

ブッシュ大統領

インドネシアやトルコといったイスラム系の国々が米国にいい感情を抱いていないのはわかる。しかし、カナダやメキシコといった隣の国々までがそうなのは一体どういうことなのだろうか。

この結果は、9/11後アフガニスタン侵攻からイラク戦争までの間に米国、特にブッシュ政権が如何に大きなものを失ったかを端的に示している。失ったもの、それは世界の信頼だ。かつては米国はほとんどすべてにおいて世界中の国々の憧れの的だった。そういう憧憬の気持ちがこの数年間で、憎悪や反感に変わったとしたらブッシュ政権の罪は果てしなく大きなものだ。

【ちょっと嬉しい結果】

米国とは反対にちょっと嬉しい結果もこの調査にはありました。それは「最も尊敬されている国」("The Most Admired")です。

カナダ(54%) 日本(54%) フランス(50%) 英国(45%) 中国(42%)

カナダと並んで日本が高く評価されているんですねえ。

逆に最も尊敬されていない国というと・・・・

ロシア(40%) 北朝鮮(48%) 米国(51%) イラン(54%) イスラエル(56%)

この結果からすると、日本はもっと主張すべきことは米国にも主張していくべきだと思うのですが、みなさんはどう思われますか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

ブレない安部首相への評価
憲法改正への道】

外国メディアとのインタビューで安倍首相が久しぶりに憲法改正に言及した。

国会

 安倍首相は31日、首相官邸で米CNNテレビと英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューに個別に応じた。内閣広報室によると、首相はインタビューで、憲法改正について「自民党総裁任期は3年で2期までしか務められない。自分の任期中に憲法改正を目指したい」と述べ、今後6年間に自らの手で憲法改正の実現を目指す考えを示した。
 また、「時代にそぐわない条文として典型的なものは9条だ。日本を守る観点や、国際貢献を行う上で改正すべきだ」と述べ、9条改正の必要性を指摘した。
 安倍首相は就任後、憲法改正について所信表明演説で「与野党で議論が深められ、方向性が出てくることを願う」と述べるなど、踏み込んだ発言を控えていた。 (11月1日付読売新聞)


首相就任後1カ月あまり憲法改正等への言及を控えていた安倍首相。この1カ月で首相に対する巷の評価はどうなったのだろうか?

【落ち着いて本領発揮?】

就任早々から北朝鮮核実験という予想外の「国難」をソツなく切り抜けただけでなく、タイミングのいいことに小泉政権の負の遺産だった中国・韓国との険悪な関係を自らの電撃的な訪問で和解に導くという大舞台をもきっちりこなしたのだ。

中国で閲兵する安倍首相

10月30日号のタイム誌は、「本領発揮」("HITTING HIS STRIDE")というタイトルで韓国訪問中だった安倍首相北朝鮮核実験の報にたじろぐどころか、絶対ひるまないぞという確固たる姿勢を見せつけた事を素直に評価している。

Amid a nuclear crisis, Shinzo Abe has handled his first weeks as Japan's leader with great aplomb.

シーファー米国大使の言葉を借りれば、「幸先のいいスタートを切った」というのが安倍首相の応援派、批判派共々のとりあえずの評価なのだ。

"I think he's off to a fast start." U.S.Ambassador Thomas Schieffer said last week.

安倍首相にこんな「晴れの舞台」を提供してくれたキム・ジョンイル総書記に首相は足を向けては寝れないくらいだ。

【正念場はこれから】

しかし、正念場はこれからだ。安倍首相は強くて美しい国を目指していると常々語っているが本物の国力とは、

1.確固たる国家の理念 ⇒憲法

2.しっかりした経済力

3.世界から信頼される高い文化度

4.自由でオープンな言論⇒批判を許す寛容さ

5.したたかな外交力

6.上記に裏打ちされた軍事力


だと僕は思う。特に戦前の日本のように言論統制と秘密主義がはびこれば巨大な軍事力も張子の虎になるのは自明だ。それだけ自由な言論は国家の強さ・美しさには必須だと思う。

安倍首相がこれから本当に憲法改正を目指すのならば、まずは自由な言論としっかりした経済力を担保するのが本物の仕事ではないか。どうも軍事ばかりに気をとられているのではないかという疑念がつきまとうと思うのは僕だけだろうか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

世界が注目する二人のコリアン
【風雲急を告げる朝鮮半島と国連

世界が朝鮮半島の二人の人物を巡って大きく動き始めている。舞台はどちらも国連だ。

Kim John Il

ひとりはもちろん核実験を強行したキム・ジョン・イル。この将軍様の愚行をどう裁くかを巡って、国連はその北朝鮮に制裁を科す決議案の採択へ向けアメリカとロシア・中国が最後のせめぎ合いをしているのだ。

そしてもうひとりはお隣韓国の外交通商相潘基文(バン・キムン)氏。13日、潘氏が国連事務総長に任命されることになったのだ。

国連総会は13日、今年末で退任するアナン事務総長の後任に、韓国の潘基文外交通商相(62)を任命するとした決議案を全会一致で採択した。潘氏は第8代事務総長として来年1月から5年間国連事務局を率い、慣例通り再任されればさらに5年、事務総長の職にとどまる。
 北東アジア、分断国家出身の事務総長は初めて。アジアからの事務総長は1971年末に退任したウ・タント氏(ビルマ=現ミャンマー=出身)以来2人目。
 潘氏は就任後、アナン事務総長の路線を継承して国連改革に当たる。韓国の外交官として長い経験を有することから、核実験実施を宣言するなど、挑発行為を続ける北朝鮮への対応も課題となる。(10月14日付時事通信)


それにしても歴史の皮肉と言うべきか、世界を恐怖のどん底に陥れようとしている人間世界の信頼を一身に背負って国際舞台に立とうとしている人間が同じ民族から同時代に出てきて、同じ土俵に立ち、両極端の評価を世界から受けつつあるのだ。

【テフロンのような外交官】

キム・ジョン・イル氏は説明不要だろう。今や子供でも知っているほどメディアに写真が露出している超有名人だ。そして世界中で最も何をしでかすか分からない人物だろう。(ブッシュ大統領がその次)

Ban Ki Moon

潘基文(バン・キムン)氏は僕ら日本人にはあまり馴染みがないのだが、10月16日号のタイム誌に「テフロンのような外交官」("The Teflon Diplomat")というタイトルで、「この人の悪口を言う人は誰もいないが、果たして新事務総長の職責は務まるのだろうか」と紹介している。

No one has a bad word to say about Ban Ki Moon, but is the likely new boss of the U.N. up to the job?

その外交スタイルは決して敵を作らず、当たり障りのないところにあって、まさに孔子のようなアプローチというのがもっぱらの評判だ。その評判どおり、事務総長任命が決まった後の記者会見でも北朝鮮への対応方針等を聞かれても当たり障りなくスルリと逃げたそうだ。

【試される朝鮮民族の知恵】

潘基文事務総長の最初の仕事は北朝鮮問題となりそうだ。同じ民族同士で意思疎通はしやすい部分はあるかも知れないが、相手が悪い。

これからこの北朝鮮問題では、当たり障りのないところだけでなく、手ごわい交渉相手としても有名な潘基文氏の朝鮮民族としての知恵が試されるだろう。

したたかな北朝鮮をうまく交渉のテーブルに乗せて、是非、解決への道筋をつけてくれるように望みたい。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。