TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴア待望論の狭間で
【感動的、しかし】 (少し長くなりますが、お付き合いくださいね)

ゴア氏

映画不都合な真実にあるとおり、今でもアル・ゴア氏は地球温暖化の実態を人々に伝えるために世界各地を精力的に飛び回っている。

その会場のひとつで、ゴア氏の話に耳を傾ける沢山の聴衆の中からひとりの女子学生が立ち上がり懇願するように質問した。

地球温暖化がそれほど緊急を要するのでしたら、人々に訴えかけるだけでなくて、変化を導くために大統領になってくださいませんか?」

----a bright-eyed Bauffalo student named Jessica Usborne stood up and asked the Question. "Given the urgency of global warming, shouldn't you not only educate people but also help implement the changes that will be necessary ---by running for President?

そして、賛同する大勢の聴衆が見守る中、彼女はゴア氏の前にひざまずき、「どうかお願いです、私はあなたに投票します!」と訴えたのだ。

The place erupted, and Usborne dipped down onto one knee and bowed her head.----"Please! I'll vote for you!"

彼女の涙がやがて聴衆の割れんばかりの叫びを呼び起こし、それが何と30秒近くも続いたのだ。

しかし、それに対するゴア氏の答えは簡潔明瞭だった。

「私は出馬するつもりはありません。」
"I'm not planning to run."

地球温暖化伝道師の苦悩】

不都合な真実

まるで映画の一シーンを見ているような前述の場面は、5月28日号タイム誌のカバーストーリー「アル・ゴア氏への最後の誘惑」("The Last Temptation of Al Gore")に書かれた一場面だ。

タイトルのとおり、ゴア氏大統領待望論が日増しに強まる中、表向きはゴア氏自身はそんな誘惑に苦悩しているように見える。

果たして、ゴア氏は大統領候補として立つのか?

答えは冒頭の女子学生への回答どおり、「否」である。そう、タイム誌のようなメディアの関心が立候補の可能性の一点に集中する中で、今のところゴア氏自身はきっぱりと否定しているのが真実のようだ。

なぜか?

ゴア氏は政治に対する関心を失っているからだと言う。もちろん2000年の大統領選敗北のトラウマを引きずっていることもあろう。しかし、あの敗北がきっかけになって、ゴア氏は地球温暖化の迫り来る危機を世界中に警告して回ったのだ。その真剣さが、ここ数年の温暖化を裏付ける自然現象とIPCCの報告と相俟って多くの人を突き動かしたのだ。

【ゴア氏の進むべき道】

ゴア氏の横顔

妻であるTipper Goreさんが言うように、今のゴア氏は30年もの政治活動から開放されて自分の信じる道をひたすら進んでいるけれども、これから数ヶ月後にどうしても立候補せざるを得ない状況が生まれたときには、再度政治家として立ち向かうこともあり得ないことではないのかもしれない。その余地は本人も残しているのだろう。

しかし、僕は多くのアメリカ人やメディアとは違って、ゴア氏は米国大統領に立候補すべきではないと思っている。今の米国は軍事的には巨大でも、もはや発展途上国も含めた世界中の国々を納得させるだけの高い理念やmorale principleを失っている。米国大統領は自国の覇権と国益にしか興味はないのだ。

そんな狭量な20世紀の覇権国家のリーダーとしてではなく、ゴア氏には21世紀型のリーダー、すなわち非政府的で、インターネットの世界でも存在感を示せるグローバルな問題解決が出来る人物として、他の国々とリーダー達と協力して世界の危機的状況に立ち向かっていくことができる数少ないリーダーになってほしいと願っている。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

残念ながら、美しい国といった空疎な言葉を並べて軍事力強化にばかりに執拗な関心を抱き、とてもカリスマ的な人気やパッションがあるとは思えない安倍首相には世界を納得させる21世紀型のリーダー像は望むべくもないことを付け加えておこう。
スポンサーサイト
世界に広がるゴア効果?地球温暖化
【ゴア氏の挑戦】

ゴア氏の挑戦をドキュメンタリーにした映画「不都合な真実」のインパクトは世界中に広がっています。

2月26日号タイム誌のNotebook欄に「アル・ゴア効果を測る」("Measuring the Al Gore Effect")と題して、ゴア氏の映画がどんな形で世界中に広がっているのかを紹介しています。

【口コミが地球を救う】

アル・ゴア氏

ゴア氏は地球温暖化の脅威をくそ真面目にあのパワーポイントを駆使してプレゼンすることで、「不都合な真実」をドキュメンタリー映画としては3番目に高い興行成績を上げる映画に変えたのです。(現在までに45百万ドル、円換算で54億円相当)

As the star of last year's An Inconventional Truth, Al Gore turned a wonky PowerPoint presentation on global warming into the third highest-grossing documentary of all time; it has earned $45 million so far.

ご存知の通り、映画そのものはすでにオスカーを二つ取っていますし、世界に温暖化の脅威を訴え続けて人々を動かすゴア氏はノーベル平和賞の候補にも挙がっているそうです。

ではゴア氏に触発されてどんな動きが出てきているのか。いくつか紹介してみましょう。

≪歩兵?Foot Soldiers≫ゴア氏は1000人近いボランティアにプレゼンの仕方を教えています。弟子のひとりとなったキャメロン・ディアスも年10回講演して回ることを誓っているそうです。

≪学校指定?School Must-See≫英国では全ての中学校にこの映画のコピーを送付する計画を発表。ノルウェーとスウェーデンは高校生必見とするそうです。

≪無料公開?Free Shows≫全米のコミュニティセンターでの上映を目指して、Shareのような非営利団体がDVD購入のための募金活動をしています。

≪本製作?Books≫このフィルムのプロデューサーであるローリー・デビッド氏は地球温暖化の子供向けの本を学校と共同で製作中です。日本ではこの映画の解説本がかなり売れているみたいですね。僕も読んでいます。

このところの暖冬現象にも助けられて、日本でも世界の動きに追随するような運動や動きが出てくることを期待したいですね。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

僕の好きな政治家?アル・ゴア
【強烈な印象の予告編】

それは強烈だった。映画館で「硫黄島からの手紙」を見る前の予告編にアル・ゴア元副大統領が出てきた後、消えゆく氷河、巨大ハリケーン、大洪水などの映像が次々に流れたのだ。その予告編の映画は「不都合な真実」("An Inconvenient Truth")だった。

そう、アル・ゴア氏が渾身の力を込めて地球温暖化の脅威を世界に訴え、世界で注目を集めている「あの映画」だったのだ。

【今年注目された人】

アル・ゴア氏

そのアル・ゴア氏は、タイム誌の年末年始号に、今年注目された人のひとりとして「次の行動は地球を救うこと」("For His Second Act, Saving the Planet")というタイトルで紹介されている。ゴア氏は僕が尊敬する政治家だ。

もちろん、それはゴア氏が真剣に環境問題に取り組んでいるからに他ならない。すでに1970年代から環境問題に取り組み、今年その取り組みのひとつとして地球温暖化の脅威をテーマにしたドキュメンタリー映画「不都合な真実」("An Inconvenient Truth")が人々に大きな共感を呼んだことがタイム誌掲載のひとつの大きな理由となっているのだ。

Gore, 58, became Hollywood's improbable darling with the release of his climate-change film, An Inconvenient Truth.
今までそれほど関心を示していなかったアメリカ市民も、カトリーナの猛威や環境問題に対するホワイトハウスの冷淡な姿勢に危機感を感じ、ゴア氏の訴えに耳を傾け始めたのだ。

But after heat waves, Katrina and White House indifference to environmental issues, the public seemed ready to listen.

【深刻化する地球温暖化

以前にもブログで何度も紹介したように、科学者の間では地球温暖化そのものの論争は温暖化か寒冷化かなどいう段階はとうに過ぎて、どんなスピードでどれくらいの規模になるのかに移っている。

060403TIMECover

恐るべきは、地球温暖化のスピードが速まっているというデータや解析が増えていることだ。例えば、北極の氷河は当初2060年後に無くなると予想されていたが、現在では2040年後と見られているのだ。

そして、あらゆる変化は40年後や50年後に突然起こるのではなく、今年のカトリーナのように年々大きな異常気象を世界各地で起こしながら身近に迫ってくるということだ。

僕らに出来るのは、先ず事実を直視すること、そして事実から少し先の未来を見る目を養い、自らできることを実行するとともに、環境問題に真剣に取り組む決意のある政治家を選ぶことだと思うがどうだろうか。

アメリカにはそういう政治家としてアル・ゴア氏がいる。

≪参考≫

・「凄すぎる地球温暖化の脅威 」・・・・平成18年4月6日付の僕のブログ記事


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。