TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家と言論?ロシアの戦慄
【タイム誌への投稿】

12月4日号のタイム誌の記事「ロシアの戦慄」("Russia's Bitter Chill")について、12月5日に投稿しましたので投稿内容を公開します。

ロシアの言論

Russia’s Bitter Chill Page 30  TIME, December 4, 2006

Your report on Russia shows us the surprising paradox that the stronger the Russian economy becomes, the less freedom of speech people over there can get. Namely, the life of many dissidents criticizing Putin regime has been threatened seriously in and out of Russia without any strong support from the West because Europe is now dependent on Russian energy to a certain degree.

It is still unknown whether the death of Litvinenko relates to Kremlin although Scotland Yard is trying very hard to investigate the case. I do hope the England authority keeps uncompromising stance on Russia as the leading country of democracy and free speech. If Litvineko’s case ends up with no true criminal, democracy will be at risk and the awful sort of espionage will more flourish all over the world.

≪拙訳≫

貴記事を読んで、ロシア経済が強くなればなるほど、ロシアの人たちの言論の自由がますます失われていくという驚くべきパラドックスがあることを知った。つまり、現在ヨーロッパがかなりの程度ロシアのエネルギーに依存しているために、大勢のプーチン政権を批判する人たちは西側の強い支援を受けられずその命がロシア内外で危険に晒されているということなのだ。

英国警察が真剣に捜査しているにもかかわらず、リトビネンコ氏の死がクレムリンと関係しているかどうかは現時点ではわからない。私が強く望むのは、英国が民主主義と言論の自由を体現する指導的国家としてロシアに妥協しない姿勢を貫いてくれることだ。もしリトビネンコ氏のケースが真犯人が見つからないままうやむやにされるのであれば、世界中で民主主義は危機に晒され、恐ろしい諜報活動がますます盛んになっていくだろう。


【追記】

先日の朝、今回はタイム誌のいつものGloriaさんではなくPatrickさんから「採用するかもよ」という例のメールが届きました。11月6日号で採用してもらったので、またしばらくは難しいかなあ?。

Dear Reader,

Thank you for writing. We welcome timely, insightful reactions to material we have published, and we can assure you that your observations found an attentive audience among the editors. Should your comments be selected for the column, you will be notified in advance of publication. Again, our thanks for letting us hear from you. We hope that you will write again should you discover something of particular interest in the news or in our reporting of it.

Best wishes.


TIME Letters


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。