TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競争力の源は「緑」?Going Green!
【合言葉は「緑」】 (ちょっと長めの記事ですがお付き合いくださいね)

Going Green

地球温暖化の深刻化が日々感じられるようになって、人々の環境に対する関心はますます高まっています。そんな中で企業も単に美徳からではなく、競争に打ち勝つために競ってビジネスに環境への対策を取り始めました。今年から始まったタイム誌の新しいセクション"GOING GREEN"はそんなビジネス・トレンドを取り上げています。

HOW BUSINESS SAW THE LIGHT(TIME, January 15,2007)

Smart companies are using the environment not just to seem virtuous but to crush their rivals


はたして、企業はどこに光明を見出しているんでしょうか?

【環境は企業戦略】

企業としての環境への対応はもう単なるポーズではなく、競争相手を追い落とすための重要な企業戦略になっているというのがタイム誌の見方です。

The environment has become a strategic issue. It's something every company must do to stay competitive.

トヨタ「プリウス」

典型的な例がトヨタ。この日本が代表するカーメーカーは、ハイブリッド車プリウスによって環境対応で世界の自動車産業を牽引しています。もっと凄いのは、あらゆる車種を一生産ラインで対応することで廃棄物を最小限にしようという企業理念を徹底させることで、3割エネルギー使用量を減少させ、2010年までにCO2排出量を2000年水準の20パーセント減少させようとしていることです。重要なのは、こういったトヨタの環境への断固たる意志がアメリカの競争相手をまるで融通の利かない恐竜のように思わせるくらい消費者にインパクトを与えているということです。

・・・the company's green policies make its flailing American competitors look like dinosaurs.

アメリカにも素晴らしい企業があります。ウォルマート(Wal-Mart)です。もともと1億世帯に蛍光灯を灯そうというキャンペーンを張ったり環境企業として名を馳せていますが、注目すべきはその影響力です。6万もの企業に商品を発注しているため、ウォルマートが環境にやさしい商品を出荷するように指令を出せば6万企業がいっせいに環境改善への動きを始めるのです。そうなれば、米国経済全体に「緑の波」が広がっていくことになるでしょう。

Wal-Mart could help start a green wave across the U.S.economy.

【消費者意識が変わるとき】

トヨタウォルマートに限らず、多くの企業が昨年は環境への取り組みを本格化させ始めました。そして今回は企業広報やCSR(企業の社会的責任)を超えて、21世紀の生き残りをかけての真剣な動きとなってきているのです。

しかし、問題はあります。企業というのは、環境にやさしい努力をする一方で本質的には環境を悪化させている側面もあるということです。例えばGEが風力発電のタービンを売っているといっても、GEのエンジンで飛んでいる航空機から排出されるCO2はますます増大しているといったようなことです。

そして最大の問題は消費者の環境意識です。特にアメリカの消費者は多少環境に気配りするようになっているとはいっても、まだまだ全体的な意識は低いのです。リサイクルのトイレットペーパーを使いながら4駆の大型車を乗り回しているといったアンバランスな状況にとどまっているのです。

地球温暖化の急速な進展で世界各地で破局的な自然災害がさらに多発する前に、消費者への覚醒を促す。トヨタウォルマートに一歩出遅れている企業も、これこそが世界企業の生き残りの切り札であり、同時に不可欠な社会的使命だと肝に銘じて環境対応を早急に進め、先ずは環境意識の極端に低いホワイトハウスをはじめとした各国政府の意識変革を促してほしいと望むのは僕だけでしょうか。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。