TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年にタイム誌の選んだ「今年の人」は?
【タイムの今年の人】

少しお知らせするのが遅れてしまいましたが、2007年のタイム誌の「今年の人」が12月19日に発表されています。

071231TIMECover

『米タイム誌は19日、年末恒例の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」(今年の人)に、ロシアのプーチン大統領(55)を選んだと発表した。ステンゲル編集長はプーチン氏について「混乱したロシアを安定させた」と評価する一方、「ロシアの新しいツァー(皇帝)で、市民や言論の自由を考慮しないという意味では危険だ」と指摘した。

 プーチン大統領は00年の就任以来、「強国ロシア」の復活にまい進。来年5月の退任後も首相に就任する意向を表明し、政権内で引き続き影響力を誇示するものとみられる。

 「今年の人」は「世界に最も影響を与えた人物」として1927年から発表されている。今年はノーベル平和賞を受賞したゴア前米副大統領や、「ハリー・ポッター」の著者、J・K・ローリングさんらも候補になった。』(12月20日付毎日新聞)


2006年がパソコンの画面に映る「あなた」だったので、2007年のプーチンは少し意外性には欠けました。

※2007年12月31日号タイム誌の記事「今年の人」("Person of the Year")
【プーチンのロシア】

それにしてもプーチン大統領がかもし出す雰囲気は到底親しみのある指導者とは程遠いものがあります。親しみどころか冷酷、残酷なKGBのイメージを抱くのが大方の日本人なのではないでしょうか。それなのに何故ロシア国民の間ではそれほどの人気があるのか?

モスクワ

その答えは「安定」にあるようです。タイム誌のリチャード・ステンゲル編集長が言うように、プーチンはそのたぐいまれなる強固なリーダーシップのもとで、ロシア国民にこの100年近くロシアにはなかった安定をもたらしてくれているからでしょう。自由より、選択より先ず安定がロシアには必要だったのです。

He stands, above all, for stability - stability before freedom, stability before choice, stability in a country that has hardly seen it for a hundred years.

今、プーチンのロシアは絶好調です。広大な国土がもたらす石油資源が膨大な富をもたらし、対外債務も2005年には返済し、経済は高成長を維持しているのです。

その絶好調の経済を後ろ盾に、プーチンはメドベージェフ第一副首相を後継大統領に指名し、自身は首相として権力を温存しようとしています。

【今年も注目の人】

西欧の民主主義国家とは異質の国。そういう意味では日本と似ているのかもしれません。ただ、国民のレベルで言うと、大多数の日本人がロシアに悪感情を抱いているのとは裏腹にロシア国民は自動車や日本食、日本アニメへの親しみからか日本にものすごくいいイメージを抱いているそうです。僕たち日本人はもっとロシアのことを真剣に知る努力をすべきでしょう。

そんなまだまだ未知の国、ロシア。世界が地球温暖化を阻止するためにようやく意思統一を図ろうとしている今、石油大国で半独裁国家ロシアの意思は自国だけでなく世界の安定に寄与するのでしょうか?

もうひとりの独裁者?ブッシュ大統領が退場するであろう今年、ロシアそしてプーチンのロシアの動きから目が離せない日が続きそうです。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

新年号のタイム誌の目玉記事
【装いを新たに】

070115TIMECover

タイム誌が2007年になってオンライン版もハードコピー版も装いを新たにしました。マネージング・エディターが今週号のタイム誌の巻頭で語っているとおり、「新年は変化の時(タイム)」("A New Year, a TIME of Change")なのです。なんかワクワクしてきますね。

サイバー空間でも現実の社会でも情報が溢れかえっている現代において、ますますその有り余る情報の中から僕らを導いてくれる道案内の役割が重要になってきています。その信頼できるガイドのひとつ(a trusted guide)がタイム誌だと僕も確信しています。

In fact, I would argue that, in this new dizzying forest of information, it's become even more important to have a trusted guide.

それでは、その巻頭言から新年の新機軸のいくつかをご紹介します。

【新年の新機軸】

1.先ずはタイム誌の発売日を金曜日に設定したこと。これは50年来なかったことだそうです。もちろん、週末に読者がタイム誌の記事をゆっくり吟味できるようにと配慮してのこと。といっても僕ら日本の地方に住む読者は数日遅れになるのであまり意味はないのですが(笑)。

2.次はオンライン版タイムの全面刷新。以前よりシンプルで見やすくなったのに加えて新しいブログセクション"The Ag"も楽しみです。

3.さらには歴史のコーナー(a regular history section)を加えて歴史的事件から現代の事象を追跡する試みも始めます。

4.最後に今週号には環境をテーマにした「ゴーイング・グリーン」("Going Green")というセクションを設けて21世紀におけるビジネスと環境のあり方を取り上げています。そしてもうひとつ、「ひとりの力」("The Power of One")というセクションを設けて今回はジェフリー・サックス教授がアフリカのマラリア撲滅のために何ができるのかという問題提起をしています。

新たにパワーアップした2007年のタイム誌。読み応えがありそうですね。最後の二つのセクションは追ってご紹介しましょう。お楽しみに。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

タイム誌の「今年の人」
タイム誌の選んだ「今年の人」】

毎年恒例のタイム誌のカバーを飾る今年の人」("Person of the Year")。一体2006年は誰を選んだんだろう? キム・ジョンイル? いや、今年は意外な人が選ばれました。

061225TIMECover

 米誌タイムは16日、毎年恒例の「今年の人」(パーソン・オブ・ザ・イヤー)に、「あなた」を選んだと発表した。世界中の人々がインターネットを通じて情報を発信、コミュニケーションのあり方を変えたとして、「デジタル民主主義の市民」が今年、最も影響力があったと認定した。
 「今年の人」は、1年間で最も話題となり、影響力があった人物を選出する企画で、1927年から行われている。2004年はブッシュ米大統領、昨年は米マイクロソフトのビル・ゲイツ夫妻らが選ばれているが、03年の「米兵士」のように個人以外の例もある。(12月16日付産経新聞)


そう、今年のタイム誌のカバーにあるパソコンの画面に映る「あなた」が「今年の人」なのです。粋な選択ですね?。

※タイム誌の記事「今年の人」("Person of the Year")

【ネチズンが創る未来】

以前、ネットワーク上の市民という言葉としてネチズンという言い方があった。結局日本ではあまり定着しなかったが、まさに今年そういう時代が来たことをウェブに関わるすべての人々が実感したのではないだろうか。

それが「ウェブ2.0」であり、ブログの興隆であり、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの膨張であり、みんなで作るウェブ辞典Wikipediaの蓄積であり、そしてタイム誌が「今年の発明」に選んだYouTubeの動画だったのだ。

It's about the cosmic compendium of knowledge Wikipedia and the million-channel people's network YouTube and the online metropolis MySpace.

人々はただ受身でニュースを見聞きするのではなく、ただ大女優の演技を観るのでもなく、ニュースキャスターの解説を聴くだけでは物足りなくなったのだ。そしてまさに世界中の「あなた」や僕がパソコンの前で批評を書き込み、歌を録音し、自分の姿を録画して、ブログやSNSやYouTubeに自分自身を公開し始めたのだ。

これを革命的な変化と呼ばずに何と呼ぼう。タイム誌の目のつけどころは凄い。

【自ら世界を変えよう!】

あらゆる権威や権力が今この新しいネット社会の出現に脅威を感じている。野放しにすれば自分達の地位が危うくなると恐れている。

僕たち個人は、ウェブで得たこのパワーを楽しみのためだけではなく、自分達の世界をよりよくしていくために、最大限に活用していくことが出来る。

ネット上だけでなく、「あなた」がいつでもどこでも、時空を超えて主役になれる時代がやってきたのだ。そして市民を欺く権威を震え上がらせることも出来るのだ。さあ、あなたも自ら発言し、創造してみませんか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:ITニュース - ジャンル:ニュース

60年目の真実?アジアの英雄達
かなり長くなりました。我慢して読んで下さいね。

【タイムの選んだ60人】

061113TIMECover


11月13日号のタイム誌「アジアのヒーロー達の60年」("60 YEARS OF ASIAN HEROES")と題した60周年記念特集で、アジアにあって時代を創った人たちを掲載していてなかなか面白い。

ヒーロー達のカテゴリーは、国家建設、芸術と思想、ビジネスリーダー、アスリーツと冒険家、インスピレーション(精神的指導者か?)の五つ。

日本人が多いのはどのカテゴリーだと思いますか?

【多彩な顔のヒーロー達】

どのカテゴリーが少ないか、消去法で考えれば答えは導けるかもしれません。

アジアのヒーロー達


そう、ビジネスリーダーがトップで8人、次が芸術と思想で4人、そしてアスリーツと冒険家に1人。戦争の荒廃と植民地の呪縛からアジアを導いた政治的指導者と人々にインスピレーションを与える精神的指導者は皆無でした。それではその一部をご紹介しましょう。

※上記のタイム誌のイラストの中にも日本人は皆無!!! 悔しい!

先ずはビジネスリーダー。その顔ぶれは、アジア経済の奇跡を牽引したリーダー達はソニーの創業者盛田&井深コンビからヤフー創設に関わった台湾人のスタンフォード大学学生実業家ジェリー・ヤン(Jerry Yang)、 そして貧者への融資を可能にしたマイクロクレジット制度を軸にグラミン銀行を創設、その功績を認められてノーベル賞を受賞したバングラデシュのムハマド・ユヌス氏まで多彩だ。

日本人はソニーの盛田&井深コンビ、チキンラーメンからカップヌードルまで即席めんのグローバルスタンダードを創った日清食品会長安藤百福氏、世界のファッション界にアジアを認めさせたHanae Mori、Yohji Yamamoto、Issey Miyake 、Rei Kawakuboの四人、任天堂のビデオゲームのグルと崇められる宮本茂だ。

ビジネスの世界ではタイム誌は香港の李嘉誠氏をトップに持ってきているものの、日本がアジアをリードしていると言っていいだろう。

次に芸術&思想家。この世界でも日本人は頑張っている。トップは黒澤明。誰もが認めるところだろう。次に宮崎駿。建築の丹下健三に、指揮者の小澤征爾が続く。

アスリートと冒険家の中にひとり、王監督が入っているのにホッとした。ブルース・リー以外はインドのクリケット選手Sachin Tendulkarや中国の伝説の体操選手Li Ningなど僕にはなじみの薄い人が多いからだ。

そして政治的指導者日本人は皆無。そうだろう、インドのガンジーとネルー、フィリピンのアキノ元大統領、中国の小平、日本占領を指揮したマッカーサー、ベトナムのボー・グエン・ザップ将軍など歴史に残るような人物ばかり掲載されているからだ。日本にはこの60年、そんな指導者は輩出していない(!?)。

精神的指導者も同じ。ダライ・ラマからプミポン国王マザー・テレサなど世界的な人物ばかりが目立つ。本当にアジアのヒーロー達の多彩さに改めて驚く。

ヒーローが示す"この国のかたち"】

タイム誌がどういう基準でヒーロー達を選んでいるのか記事の中では詳しく明らかにしていないので不満を抱く人もあろう。

でもその判断基準に目をつぶって、このヒーロー達から何が見えてくるかを考えてみるのも面白い。そう、日本に限ってもヒーロー達から「この国のかたち」のようなものが見えてくる。
圧倒的に日本がこの60年間に自らのアイデンティティを確立し、アジアをリードしてきたのはヒーロー達が多く輩出しているビジネスと芸術の分野なのだ。特にマンガやアニメ、ゲームの世界で日本的精神を世界に広めているところは頼もしい。

反対に国家やアジアの政治をリードしてきた指導者には乏しく、精神的指導者にもなりえていない。スポーツ面でもまだまだだ。しかし今の若い人たちにはその実力や可能性のある人が出てきつつあるのではないだろうか。

ヒーロー達が示してくれたこの国のかたちを踏まえて、これから強みを伸ばし、弱みを補強する。明確な座標軸を国家も個人も持っていけばこれからの日本の未来は明るい。みなさんはどうおもわれますか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

僕がタイム誌に投稿するワケ
【5度目のタイム誌掲載】

「なんでそんなにタイム誌にこだわるの?」

061016TIMECover

もうかれこれタイム誌との付き合いは20年以上になるのですが、タイム誌投稿しようと思い立ってからは11年になります。

最初は1996年3月。大蔵省の記事を見て「投稿してみたい」と思い立ち、ちょうどインターネットが普及し始めてメールでの投稿が可能になったこともあって新品のマックのパフォーマシリーズのパソコンでメールで投稿したところ、なんとタイム誌から返事が来て採用されたのです。もうびっくり仰天、狂喜乱舞でした。店頭でタイム誌を手にして自分の投稿文と名前を確かめたときのワクワク感。いまでも忘れられません。それが原体験です。

その後、昨年3月に思い立って投稿を再開。それから約1年7ヶ月の間に今回の採用も含めてトータル4回も採用されるなんて思いもしませんでした。

【タイム誌への思い】

それでは僕がタイム誌にこだわる理由をご説明します。

1.タイム誌が世界有数のクオリティ週刊誌だから

タイム誌は1923年に創刊されたアメリカの世界初のニュース雑誌であり、政治・経済・科学・エンターテインメントなどあらゆる情報を網羅し、世界の知識層が購読しているクオリティ・ペーパーとして知られています。どうせ読んで投稿するなら世界一のタイムと差しで勝負するというのが僕の考えです。

2.個人メディア(ブログ)のステータス・アップのために


今僕はブログを通して自分の記事、意見を公開しています。読んでいただいている方は少なくても、公表するからにはひとりよがりの意見ではなくある程度は信頼のおける意見だということを証明する必要があります。タイム誌への投稿がタイム誌の編集者から採用されれば僕の意見の信頼度が高まり、ブログのステータス・アップにもつながると期待しています。

3.飽くなき英語へのこだわりと挑戦のために

最後に、タイム誌の英語はその難解さ故に大方の英語学習者には厄介な存在と思われているのではないでしょうか。ニューズウィークのように日本語版もありません。そのタイム誌を読み、投稿するというのは双方向での挑戦です。これはたまりません。大和魂というか、博多っ子の魂というかそういうものを揺さぶります。元気を与えてくれるのです。

それとタイム誌の読者投稿欄"Letters"にあまりにも日本人の投稿が少ないことが僕のチャレンジ魂に火をつけたことも付け加えます。我ながらカッコいい(笑)
さらに英語を「学習」するというより、英語で世界に物申すというのが僕の目標なのです。一生学習し続けるのも大事ですが学習で終わったら空しい。だから常に英語で世界と対話することが目標なのです。

そういう機会を与えてくれるタイム誌に感謝するとともに、これからもタイム誌の胸を借りて精進していきたいと思っています。みなさんも一緒にやりましょう!

≪タイム誌への投稿記録≫

1.1996年3月11日号・・・ブログ記事「インターネットとタイム誌への投稿」

2.2005年4月11日号・・・ブログ記事「タイム誌への掲載文と原文の違い」

3.2006年5月29日号・・・ブログ記事「訂正?タイムへの投稿文」

4.2006年7月31日号・・・ブログ記事「緊急特報!?タイム誌に投稿文掲載?その2」

5.2006年11月6日号・・・ブログ記事「タイムへの挑戦の証?投稿文掲載!! 」


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。