TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニセコに注目?新しい国際的リゾート誕生!
【ベスト・オブ・アジア2007】

060522TIMECover

毎年のタイム誌の楽しみのひとつ、アジア特集「ベスト・オブ・アジア」("Best of Asia")。今年はどこに焦点を当てているんだろうとひとつひとつ眺めて楽しんでいます。昨年と同様、特集は魂(Soul)と心(Mind)と身体(Body)と三つに分けてアジアの最も行きたい場所を掲載しています。今回も結構日本の紹介が多いのに気を良くしました。

今回は"Best for the Body"の中から「ニセコにスキーに行こう」("Go Skiing, Niseko, Japan")をご紹介します。

【地球温暖化を忘れさせてくれる場所】

ニセコ・スキーリゾート

この記事の副題には「地球温暖化を忘れる最良の方法」("Best Way to Avoid Thinking About Global Warming")とあります。昨年末から今年にかけて雪らしい雪が降らなかった日本。世界各地でも例年以上に地球温暖化を実感させるような異常気象が見られました。

そんな中で、世界的スキーリゾート・アスペン(Aspen)の10分の1程度の規模ではありますが、例年15メートル近い雪をいただく北海道ニセコは国内にとどまらず世界のスキーヤーに注目を集め始めています。聞く所によるとニセコの雪質はスキーヤーにとっては最高だそうです。

その証拠に2001年から2005年のたった5年間で外国人スキーヤーは30倍にも増えたのです。その大半はオーストラリア人ですが。

That's only about a tenth of the size of Aspen, but Niseko averages more than 15 m of snow a year, a fact that has helped increase the number of foreign guests by more than 30 times between 2001 and 2005.

【世界的リゾート地に】

地元も専門家もニセコはいづれアスペンに劣らないほどの世界的リゾート地になると見ています。来年は洞爺湖でのサミットも決まったのでニセコへの注目度も高まるでしょうね。

最悪の地球温暖化のシナリオでもニセコにはスキーに十分な雪は降り続けるでしょう。そんな最悪の日が来ないことを祈りますが、もし来たとしてもそのときはウォータースキーでも楽しみますか?

Niseko should stay frosty, unless the worst-case global-warming forecasts come true. And if that day comes? Try waterskiing.

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking


≪参考≫

・「好調なインド景気?意外な場所で発見! 」(2006年5月25日付のベスト・オプ・アジアのブログ記事)

スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。