TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕がタイム誌に投稿するワケ
【5度目のタイム誌掲載】

「なんでそんなにタイム誌にこだわるの?」

061016TIMECover

もうかれこれタイム誌との付き合いは20年以上になるのですが、タイム誌投稿しようと思い立ってからは11年になります。

最初は1996年3月。大蔵省の記事を見て「投稿してみたい」と思い立ち、ちょうどインターネットが普及し始めてメールでの投稿が可能になったこともあって新品のマックのパフォーマシリーズのパソコンでメールで投稿したところ、なんとタイム誌から返事が来て採用されたのです。もうびっくり仰天、狂喜乱舞でした。店頭でタイム誌を手にして自分の投稿文と名前を確かめたときのワクワク感。いまでも忘れられません。それが原体験です。

その後、昨年3月に思い立って投稿を再開。それから約1年7ヶ月の間に今回の採用も含めてトータル4回も採用されるなんて思いもしませんでした。

【タイム誌への思い】

それでは僕がタイム誌にこだわる理由をご説明します。

1.タイム誌が世界有数のクオリティ週刊誌だから

タイム誌は1923年に創刊されたアメリカの世界初のニュース雑誌であり、政治・経済・科学・エンターテインメントなどあらゆる情報を網羅し、世界の知識層が購読しているクオリティ・ペーパーとして知られています。どうせ読んで投稿するなら世界一のタイムと差しで勝負するというのが僕の考えです。

2.個人メディア(ブログ)のステータス・アップのために


今僕はブログを通して自分の記事、意見を公開しています。読んでいただいている方は少なくても、公表するからにはひとりよがりの意見ではなくある程度は信頼のおける意見だということを証明する必要があります。タイム誌への投稿がタイム誌の編集者から採用されれば僕の意見の信頼度が高まり、ブログのステータス・アップにもつながると期待しています。

3.飽くなき英語へのこだわりと挑戦のために

最後に、タイム誌の英語はその難解さ故に大方の英語学習者には厄介な存在と思われているのではないでしょうか。ニューズウィークのように日本語版もありません。そのタイム誌を読み、投稿するというのは双方向での挑戦です。これはたまりません。大和魂というか、博多っ子の魂というかそういうものを揺さぶります。元気を与えてくれるのです。

それとタイム誌の読者投稿欄"Letters"にあまりにも日本人の投稿が少ないことが僕のチャレンジ魂に火をつけたことも付け加えます。我ながらカッコいい(笑)
さらに英語を「学習」するというより、英語で世界に物申すというのが僕の目標なのです。一生学習し続けるのも大事ですが学習で終わったら空しい。だから常に英語で世界と対話することが目標なのです。

そういう機会を与えてくれるタイム誌に感謝するとともに、これからもタイム誌の胸を借りて精進していきたいと思っています。みなさんも一緒にやりましょう!

≪タイム誌への投稿記録≫

1.1996年3月11日号・・・ブログ記事「インターネットとタイム誌への投稿」

2.2005年4月11日号・・・ブログ記事「タイム誌への掲載文と原文の違い」

3.2006年5月29日号・・・ブログ記事「訂正?タイムへの投稿文」

4.2006年7月31日号・・・ブログ記事「緊急特報!?タイム誌に投稿文掲載?その2」

5.2006年11月6日号・・・ブログ記事「タイムへの挑戦の証?投稿文掲載!! 」


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。