TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グアンタナモの呪縛?オバマの戦い
【真っ向対立】

グアンタナモ収容所の閉鎖を巡って激しい議論が巻き起こっている。

グアンタナモ閉鎖を強調するオバマ大統領
キューバ・グアンタナモ米軍基地のテロ容疑者収容所閉鎖の是非など米国の対テロ政策をめぐり、オバマ大統領とチェイニー前副大統領が21日、それぞれ演説して火花を散らした。オバマ大統領は、前政権の政策が米国の価値を傷つけ、結果的にテロリストを増殖させたと主張。一方、チェイニー氏は第二の同時テロを防いだと正当性を強調した。
 国立公文書館で演説したオバマ大統領は「最も大切な米国の価値観を守ることが、平時も戦時も、国の安全を守る上で最高の資産となる」と強調。収容所での処遇や中央情報局(CIA)による過酷な尋問が「法の支配を損ない、米国に対する世界の支持を失った」と指摘した。
 一方、直後にワシントン市内で講演したチェイニー氏は「当時、情報機関に合法的な権限を与え、テロを防ぐ有益な情報を得ることができた」と成果を訴えた。』(5月22日付時事通信)


【米国のメルトダウン?】

グアンタナモ
ブッシュ政権が世界から信頼を失い、米国の価値観のメルトダウンともいえる現象を招いた最大の「癌」のひとつがグアンタナモ収容所だ。

それはなんと、アメリカと国交がないキューバに、アメリカが1903年以来キューバから租借している米軍基地内にある。この収容所が注目されたのは2002年以来、イスラム過激派を収容し、人権を無視した過酷な拷問が行われていたことが発覚、世界中から非難を浴びたからだ。ではなぜ、テロ容疑者等をここに収容するのか?

それはキューバ国内でもアメリカ国内でもなく軍法のみが適用される治外法権区域であり、アメリカが自国の安全のために「犯罪者」と「捕虜」を都合よく使い分けられるからなのだ。

こんなバカな話はない。確かにテロ容疑者をここに「封じ込める」ことで短期的にはチェイニー氏が主張するように、アメリカの安全は確保されたかもしれない。しかし、ブッシュ時代に特に顕著になったこのアメリカのご都合主義がアメリカに対する不信感を増幅し、ひいてはアメリカの国民までもがアメリカの法の支配に対するモラルを喪失するという自国の価値観のメルトダウンを引き起こし、中長期的にはアメリカの安全を著しく脅かすことになるのは間違いないだろう。

だからこそ、オバマ大統領はこのグアンタナモ収容所の閉鎖を重要な公約のひとつとして掲げたのだ。

【理想と現実】

しかし、理想を実現していくのは難しい。オバマ大統領は、かつてない経済危機という難局を乗り越えるために様々な手立てを矢継ぎ早に打ってきて、多少の異論は飲み込みながら共和党・民主党の同意を得ながら議会を乗り切ってきたが、このグアンタナモ収容所閉鎖では議会の壁にぶつかっているのだ。

大局的には米国の価値観の回復に賛成する人たちも、目の前にあるグアンタナモ収容所のテロ容疑者たちを米国国内の刑務所に入れることには躊躇しているのだ。自分の身がかわいいから、臭いものにはフタをしたいのだ。よくわかる。

ここはオバマ大統領の正念場になるだろう。ぜひともグアンタナモを収容所だけでなく、軍事基地もろとも閉鎖してもらいたい。そこにオバマの理想があるのなら、そしてアメリカが再び世界の尊敬を集めたいと本気で思うのなら。

※最後にグアンタナモ収容所のことをアメリカでは略してGITMOと読んでいるのだが、この収容所のことはすでにタイム誌が2005年7月に採り上げていて、僕もこのことについてブログで書いた。興味のある方は、参考までにそのブログもご覧いただきたい。

《参考》

・「タイム誌の特ダネ?What's GITMO?」・・・2005年7月5日の僕のブログ記事


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。