TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイに忍び寄る「死の影」
【広がるイスラムの狂気?】

イスラムとローマ法王

つい先日ローマ教皇のトルコ訪問を取り上げて少し西欧とイスラムとの和解の動きが出てきたとお伝えしたばかりだというのに、最近イスラムにまつわる血なまぐさい事件やテロが世界中で話題になることが多くなった。これは9/11以後イスラムが注目されるようになったからなのか、それとも本当にイスラムによるテロが増えているのか、未だわからないことが多いのが現実だ。タイもそのひとつ。

タイ南部パタニ県などで5日から6日にかけ、イスラム教武装勢力によるとみられるテロが相次ぎ、警察官ら11人が死亡した。クーデターを受けて10月に発足したタイ暫定政権は南部の治安回復を公約しているが、成果は上がっていない。南部では04年1月から武装勢力と治安当局の衝突で1600人以上が死亡している。(12月6日毎日新聞)

一体、タイで何が起こっているのだろうか?

タイとイスラム】

タイの死の影

12月4日号のタイム誌「死の影に」("IN DEATH'S SHADOW")というタイトルでタイ南部で拡大している新興イスラム武装勢力に光を当てている。

A TIME investigation sheds lights on the growing strength and radicalism of the new breed of Islamic militants fighting in southern Thailand

タイム誌によると、タイ南部では最近、旧来のイスラム勢力よりも冷酷無比な新しいタイプのイスラム武装勢力が力を増してきたというのだ。彼らは何々組織とかではなく単にタイ語で"juwae"、英語で"fighter"と呼ばれているそうだ。

そしてこの新興イスラム勢力にスラユット暫定首相は手を焼いている。12月2日に首相は現地を訪問してタクシン前政権に誤りがあったと謝罪し、対話路線を打ち出し、南部問題解決に本腰を入れているとの報道がなされているが、実際には対話を拒む新興勢力になす術がないのが実情なのだ。

まだまだタイ南部のイスラムを巡る混乱は続く。

【イスラムとどう向き合うか?】

シーア派とスンニ派を中心にテロの報復合戦となり、泥沼化するイラク情勢。同じくイスラム同士の対立が続くレバノン。核開発に突き進むイスラム国イラン。そして東南アジアでもイスラム過激派によるテロがタイ南部だけでなく、インドネシアなどいたるところで頻発している。

一体、これからイスラムとどう向き合っていくのか。日本も対岸の火事ではない。市民レベルでも国家レベルでもこの異邦人とどう付き合っていくのか真剣に考えていくことが求められている。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

モロッコ砂漠のはずれ?マラケシュ
【「カサブランカ」の国】

モロッコのホテル

モロッコといえばカサブランカ。あのイングリッド・バーグマンハンフリー・ボガードが大人の恋を演じきった街だ。そのカサブランカにはあの映画の面影はなく、近代的なビルが立ち並んでいるそうだが、そのモロッコにもうひとつエキゾチックで旅心をそそる街があるのをタイム誌が教えてくれた。

※10月30日号タイム誌"TIME GLOBAL ADVISER"の記事"TIME TRAVELER -THE DESSERT'S EDGE"(「タイム・トラベラー 砂漠の果て」)

それはマラケシュ(Marrakech)。僕はその名前を聞いたこともなかったので、グーグル・アースにマラケシュと入力して検索したところ、アメリカのイリノイ州にある地名が出てきた。そんなはずはないと記事を確かめたら、「モロッコのマラケシュ」と分かって再入力。ようやく場所を突き止めた。

【エキゾチックな赤い街の魅力】

タイム誌にもあるようにかつてはヒッピーの聖地と呼ばれるほど世界中からヒッピーが集まってきていたこの街は、町全体が赤い色をしていることから別名「赤い街」と呼ばれるサハラ砂漠入り口のオアシス都市だ。

今ではヒッピー達の溜まり場ではなく、メディナの豊かな色彩と欧州のハイセンスな感覚が溶け合った高級なデザインのインテリアのショーケースとして装いを新たにしている。

Once a haven for hippies, Marrakech has outgrown that phase along with its visitors. Today, it's a showcase of high design, mixing Euro cool with the medina's rich colors.

JNANE TAMSNA

タイム誌が紹介するいくつかの宿泊ホテルのサイトを訪れるとその意味が本当によくわかる。イスラムのエキゾチックなムードとヨーロッパが融合した文化的な洗練さみたいのものが部屋中に漂っている。

ものすごく行って見たい衝動にかられるけれど、行きたいところがありすぎてやっぱ行けないかなあ?。

興味はあっても僕と同じく忙しくて行けそうにない方、ホテルのサイトでしばしモロッコの雰囲気を味わってはいかがですか?


マラケシュのホテルのサイト≫

1. JNANE TAMSNA

2.LE FOUNDOUK RESTAURANT

3.MAISON ARABE

4.VILLA MAROC

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。