TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女同士のチャネル?ライスとリブニ
【2人の女傑が動いた】

ライスとリブニ

中東問題は日本人の僕たちにとっては、最も厄介でわかりにくい世界情勢のひとつだ。その中東で2人の女性実力者が和平に向けた動きを強めているという、ちょっと違った視点から見た中東問題の記事が目に留まった。

それは米国務長官コンドレッサ・ライスイスラエルの副首相兼外相のリブニだ。1月22日号のタイム誌はグローバル・インサイダーのコーナーで「女同士のチャネル」("The Women's Channel)と題して、2人が目指す和平のカタチが何なのかを追っている。

【2人の共通項】

タイム誌によれば、この2人の政治家はよく似ているという。それは、2人ともカミソリのように鋭い知性と、中道右派としての確固たる考え方、そして頑固なほどの正義感と合理主義が奇妙に混ざり合っているところだ。

Both are women with razor-sharp intellects, center-right convictions and an odd blend of rigid righteousness and pragmatism.

もうひとつ、本人の性格とは別の類似点もある。それはどちらのボスも自分達でしくじった戦争で人気が急降下しているところだ(ブッシュはイラク戦争、オルマート首相はレバノン侵攻)。

Both work under men whose popularity has plummeted because of the bungled conduct of war(Iraq for George Bush, Lebanon for Ehud Olmert)

これほど似通った性格と境遇を持った2人の女性政治家が、打開の糸口を見出せないでいるパレスチナとイスラエルの対話を促進すべく、新しい枠組みを真剣に模索し始めているのだ。

【新しい中東の安定のために】

もちろん、2人だけで和平への道を進めるのは困難なことは百も承知だろう。2人がある程度自信を持って新しい歩みを始めている背景には、イスラエル、パレスチナ、そしてアラブの穏健派(サウジ、エジプト、それに湾岸諸国)が、中東にとっての本当の脅威は急進派のイランやテロリスト達だという共通認識を持ち始めてということがあるのだ。

There is growing understanding among the Israelis, Palestinians and the moderate Arab nations that the real threat is Iran and the radicalism it supports.

ライス氏とリブニ。是非、女同士の信頼できるチャネルを最大限に生かして泥沼から抜け出せないでいる2人のボスたちのためにも、戦火で苦しむ中東の市民のためにも和平に向けた新しいロードマップを示してほしいものだ。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。