TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先人の知恵を薬に?インドの挑戦
【危機に晒されるインドの知恵】

060807TIMECover

アーユルヴェーダってご存知ですか? アーユルヴェーダとは、インドに古くからある学問で過去いくつもの世代によって蓄えられた知恵の蓄積です。それは医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含まれます。

Aurveda is the accumulation of thousands of generations' worth of knowledge.

そのインドの知的財産とも言うべきアーユルヴェーダに基づいて生成された草が大きな危機に晒されており、その現代への復権が期待されているとの記事が8月7-14日号のタイム誌に「Natural Healing」というタイトルで掲載されています。

Natural Healing ?Will India succeed in bringing its ancient Ayurvedic plant medicines into the modern world?

一体、どういうことなんでしょうか?

【合法的に盗まれる古代の

危機の兆候は三つ。

アーユルヴェーダ

ひとつは、1995年に米国の研究者がインドでは主婦でもそのとしての効用を知っているインドカレーのスパイス「ターメリック」を、治療として特許を獲得したことにあります。

もちろんインド人は「盗人猛々しい」と激怒し、10年の長きにわたって官民が協力して数百万ドルの費用をかけて裁判で争って特許権を剥奪することに成功しました。それからはインドは自分達の知的財産を護るため、アーユルヴェーダに基づいて生成された植物による治療法を5千にも上る特許として欧米の特許事務所に申請しています。さらにアーユルヴェーダを現代医学に生かすべく、1万4千に及ぶ治療法を特別のデジタル・ライブラリー(Traditional Knowledge Digital Library)に保存しています。

もうひとつは、インドの若者達のアーユルヴェーダ離れ。彼らはアーユルヴェーダに基づく治療よりも西欧の安くて手軽な治療を選ぶようになっているのです。

そして最後に、アーユルヴェーダに基づく治療は植物をまるごと使うため、近年の森林破壊や耕地の行き過ぎた拡大などと相俟って原料となる植物が少なくなっていることです。もちろん、インドは手をこまねいているわけではなく、それらの植物を調査・研究する施設を作り、希少な植物の栽培法や効を日々研究しています。

【知的世界遺産を守り、活用しよう】

空前の経済的な活況に沸くインド。そこには世界各国から資金が集まり、IT産業などの新しいビジネスが生まれ、新しい富を手にする人たちが欲望にまかせて新たなビジネスチャンスを手にするべくうごめいています。

しかし、その影で数千年の歴史と伝統がはぐくんだアーユルヴェーダのような知見が失われてはインドという一国家の損失のみならず世界的な損失を招来することになってしまいます。

活況を呈しているからこそ、その表層にある株式や金融の動きばかりに惑わされず、インドの知的財産を世界の知的財産としてどう守り復権させたらいいか僕ら日本人も思いをめぐらせるのも大事だと思います。みなさんはどう思われますか?


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。