TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀕死の新聞を救う方法
【新聞の危機】

Newspaper
新聞のビジネスモデルが崩壊の危機にある。
アメリカでは日本よりも新聞メディアの危機がはるかに深刻だという記事がタイム誌に「新聞を救う方法」("How to Save Your Newspaper", page 32-35, TIME dated on March 2, 2009)という見出しで掲載されていた。一体、なにが問題でどうしたら解決できるのだろうか。

【崩壊したビジネスモデル】

記事を書いたのは、ウォルター・アイザックソン(Walter Isaacson)という元タイム誌のマネージング・エディター。

危機の最大の原因は、インターネットの普及による従来型の新聞のビジネスモデルの崩壊だ。具体的には、読者が記事にお金を払わなくなったことにある。ウォール・ストリート・ジャーナルなど一部のウェブ版の新聞を除いて、ほとんどの新聞メディアは現在ウェブ上での新聞記事を無料で配信している。そのため、ペーパーの新聞購読者が激減、併せて店頭販売の新聞も急激に減っており、さらにここ半年の急激な経済の落ち込みで新聞広告も激減しているのだ。

The problem is that fewer of these consumers are paying.

すなわち、新聞メディアの主要な三つの収入源、店頭販売・購読・広告のすべてが成り立たなくなりつつあると言うのだ。これでは新聞メディアのビジネスモデルは崩壊したも同然だろう。

Newspapers and magazines traditionally have had three revenuesources: newsstand sales, subscriptions and advertising.

新聞にとってもっと問題なのは、これら三つの収入源のうち、店頭販売、購読収入が激減する中で、広告収入に極端に頼るようになり、読者と向き合うよりも特定の広告主に向き合うようになってきていることだ。これはメディアの死を意味する。

【生き残りの道】

ではどうすればいいか。アイザックソン氏が提案しているのは、オンラインでのビジネスが後戻りできない以上は、iPodとiTuneの組み合わせで音楽メディアのあり方を根本的に変えたアップルのようなビジネスモデルを導入することだ。

iTunes
すなわち、消費者がiTunesで音楽を一曲ずつ購入するように、新聞もひとつひとつの記事を5セントからでも購入できるようなマイクロペイメント(micropayment)の仕組みを導入することだと同氏は言う。

The key to attracting online revenue, I think, is toacome up with an iTunes easy method of micropayment.

そうすれば、収入源の確保だけでなく、ジャーナリズムに再び緊張感を与える。なぜなら、消費者に小額でもお金を払って読ませるだけの良質の記事がもとめられるからだ。

Charging for content forces discipline on journalists: they must produce things that people actually value.

日本の新聞メディアは、まだ定期購読者が多く、紙メディアが優勢なこともあってここまでの危機感はないかもしれないが、アメリカのビジネスモデルの崩壊は早晩、日本のメディアにも大きな影響を与えることになるだろう。あなたはどう思われますか。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

9/11とブッシュの失敗?その2
【タイム誌への投稿】

9月11日号のタイム誌のカバーストーリー「私達の教訓」("What We've Learned")について、9月16日に投稿しましたので投稿内容を公開します。


What We’ve Learned Page 18  TIME, September 11, 2006

Your article’s episode of an American businessman clearly showed the American people what they have lost and learned from 9/11.

What they’ve lost is the trust and respect from the world mainly because it is now obvious that the war against Iraq was a mistake by President Bush and his advisers with no evidence of Hussein regime’s holding the mass destruction weapons and the links with Al-Qaeda that were the good causes for starting the war at the outset.

What they’ve learned is that there is and will be no panacea to seal off terrorism all over the world even though they have the strongest military power to fight against them. Now then, the world should reunite to root out terrorists not for the sake of only the American interests but for the citizens’ all across the borders.



≪拙訳≫

アメリカ人のビジネスマンに関する貴エピソードを読むと、9/11以後アメリカの人たちが何を失い何を得たのかがよくわかる。

失ったものは世界の信頼と尊敬。というのはブッシュとその側近達が始めたイラク戦争はもともとの戦争の大義名分だったフセイン政権の大量破壊兵器もアルカイダとの関係もまったく存在せず間違いだったことが明らかになったからだ。

そして教訓といえば、テロと闘うに十分な最強の軍隊を持っているにもかかわらず、世界中のテロを封じ込める特効薬はないということだ。であれば、世界がやるべきことは単にアメリカの国益のためでなく、国境を越えた市民のためにテロを根絶すべく団結することだろう。


★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

【追記】

16日に投稿してから2日後、いつものようにタイム誌のGloriaさんから「採用するかもよ」というメールが届きました。今回は少し短めの返事でいつもとは違ってました。いい兆候なのかなあ。でも、7月31日号で採用してもらったので、やっぱし難しいかなあ?。

Dear Reader:

Thank you for letting us hear from you. The editors appreciate the interest that prompted you to write, and they have made attentive note of your comments. We hope that you will continue to share your thoughts with us.

Best wishes.

TIME Letters

テーマ:911航空機テロ攻撃、映像の全記録を公開する - ジャンル:ニュース

刺青になった「9/11の衝撃」
【9/11の"証"】

9/11の刺青

今週号のタイム誌のエッセイには「少し、引きました」。いつものエッセイなら文字がびっしり並んでいるのですが、今回は一面に大男の背中に彫られた刺青(Tatoo)の写真が掲載されていたのです。良くも悪くも時には百万言の言葉よりも一枚の写真が人々に何かを訴えることがあるのです。

背中に彫られているのは、5年前の9/11に航空機が激突して燃えさかる世界貿易センタービルとそのときに殉職したニューヨーク消防隊の5人の消防士の名前です。自分の部下だったのでしょうか。

9ヶ月かけてこの刺青を彫り込んだCassidy(34才)氏は、その後この刺青を施した刺青師と結婚したそうです。彼は失った5人のことが頭から離れなかったのですが、「この刺青の痛みが、心の痛みを癒してくれた」そうです。

The Tattoo, which took nine months tocomplete,was therapeutic. "The pain in my back was good for the pain in my head", he says. Plus Cassidy, 34, married the tattoo parlor's receptionist.

アメリカ人の英雄の弔い方】

不思議に思ってその消防士たちの所属していたTiernach Cassidy's firehouseを調べていたら、 「勇者達のメモリアル」("Bravest Memorial")というサイトを見つけました。そこにはあの9/11で人々を救うために勇敢に突っ込んでいった消防士たち346人を追悼する様々な行事などが綴られていました。

※「勇者達のメモリアル」("Bravest Memorial")のサイト

驚くことに、タイムエッセイに載っていた刺青と同じように彼らの勇敢な行動を讃え、弔うために自らの身体に彫り込んだ刺青も数多く掲載されています。

死者の弔いと刺青を結びつける行動は、日本人の僕にはあまり素直には理解できないのですが、これがアメリカ人の英雄に対する弔い方なのでしょうか。

いづれにしても、あのテロが如何にアメリカ人の心に深く刻み込まれ、傷つけたかというひとつの証拠ではあるのでしょう。一生消えない肌に自ら刻み込むわけですから・・・

タイムエッセイのタイトルはアメリカ人の肌」("American Skin")でした。

※2006年9月11日付タイムエッセイ「アメリカ人の肌」("American Skin")はここをクリック!

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

テーマ:9.11 アメリカ同時多発テロ事件 - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。