TIME誌で知る世界の時事ニュース
「TIME誌で知る世界の時事ニュース」は週に一度は世界的な週間雑誌TIME誌を題材にした記事を博多っ子の独自の視点で解説・提供するニュース発信ブログです。TIME誌へ投稿もします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフガン女性の勇気―タイム誌カバーの意味
【ショッキングな写真】

100809TIMECover
僕は今までタイム誌のカバー写真でこれほどショッキングなものを見たことはありません。それは、もし「その傷」がなければ見る人を困惑させるどころか、その美しい顔に見惚れるような女性の写真です。

しかし、彼女は誰かによって耳と鼻を削がれ、その惨状を訴えるために敢えてタイム誌のカバーとなることを決断したのです一体、誰が、そしてなぜ?しかも彼女は大丈夫なのでしょうか。そのストーリーは8月9日付アジア版タイム誌の記事「アフガンの女性と戻ってきたタリバン」("Afghan Women and the Return of The Taliban" by Arvy Baker, p.14-22, TIME magazine issued on August 9, 2010)に掲載されています。

タリバンの蛮行】

このカバーにある女性の名前はアイーシャ(Aisha)。18歳。夫の暴行(DV)を受けて、殺されそうになったため夫の家族から逃げ出したところをタリバンに捕まって、他の女性たちへの見せしめのため厳罰を下され、夫からナイフで耳と鼻を削ぎ落されたのです。

タリバンとはみなさんもご存じのとおり、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム原理主義運動、もしくはその運動を支持する武装勢力のことをいいます。彼らは一時はアフガニスタンを支配した時期もあったのですが、2000年に入って9/11を策動したアルカイーダと連携し、国際的なテロ活動を拡大させたため、アメリカとその有志連合諸国から攻撃され、現在もその戦闘がパキスタン、アフガニスタンを中心に続いています。

特に問題なのは、彼らはもともとはイスラム神学校で教育を受けた「学生」が中心だったのですが、その後過激なイスラム原理主義を信奉するようになり、公開処刑を実施し市民の見せしめにしたり、女性は学ぶ事も働く事も禁止し、外出さえも認めないなど、一時はあったアフガニスタン市民の支持も失ってきたことです。

アメリカなどの支援を受けた現在のアフガニスタン政府はタリバンとは対峙しているため、女性の基本的権利は認められ、例えばオリンピック代表にRobina Muquimyar Jalalaiさんなど2人の女性アスリートが参加するといった女性の社会進出も僅かではありますが進んでいたのです。

【アフガンの女性たちの運命】

Jalalai
ところが、今、アフガン政府はタリバン勢力との一部和解を画策しているとの話があり、そうなれば女性たちの権利は再びタリバン政権時代のように踏みにじられる恐れがあると女性たちは恐れているのです。

そのタリバンの蛮行の端的な例がこのタイム誌のカバーに出たアイーシャさんなのです彼女は命を張って、アフガン政府や世界に「このままでは私のような不幸になる女性がアフガニスタンにどんどん増えていく」と訴えているのです。一枚の写真が世界を動かすことがある。ベトナム戦争のときの米軍の空爆から逃れる少女の写真が世界を動かしたこともありました。今回、この写真がそうなるのかどうか、それはわかりません。しかし、少しでも世界の人たちがアフガンの女性の惨状に目を向けるきっかけにはなると思います。

いづれにしても気になるのはアィーシャさんの運命です。タイム誌に掲載されたことでタリバンから狙われるのではないか。彼女の顔を整形して元の顔を取り戻すことは出来ないのか。疑問はつきません。幸いなことにタイム誌のmanaging editorのRichard Stengel氏は彼のメッセージの中で、彼女の写真を掲載することで彼女の身の危険が侵されないように様々な手立てを打つとともに、カリフォルニアの人道支援組織 the Grossman Burn Foundationの助けでアメリカで整形手術を受けるように手配しているそうです。本当によかったです。

この記事はアメリカのプロパガンダだと思う方もいるかもしれません。しかし、日本の新聞や雑誌でここまで踏み込んだスクープを出せるメディアは果たしてあるでしょうか。僕はアィーシャさんとタイム誌の勇気に脱帽します。みなさんはどう思われますか?

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
アフガンの顔?カルザイ
【二人のリーダー】

060919TIMECover

左の9月18日号のタイム誌のカバーを見ていただきたい。今、注目を浴びている二人のリーダーがそこに交互に出てくる。ひとりは安部官房長官、もうひとりはアフガニスタンの大統領ハ?ミド・カルザイ(Hamid Karzai)だ。(タイム誌の記事「カルザイ氏のジレンマ」("Karzai's dilemma") )

これから日本国の最高指導者に就こうとしている安倍氏をしっかり見ていくために、今この瞬間でもイスラム原理主義のタリバン勢力と死闘が続き、1人当たりのGDP(※)が日本の42分の1、人口2千万弱にすぎない小国アフガニスタンを、身体を張って、もう5年近く引っ張っているこの人の政治家としてのありようを知っておくことは無駄ではないかもしれない。

※1人当たりのGDP: 日本 約30,000ドル、アフガニスタン 約700ドル

【民主的な大統領?】

アフガニスタンは未だに国家存亡の危機の真っ只中にあると言っていい。2001年にアメリカのアフガニスタン侵攻で政権を追われたタリバン勢力は、未だ国内でカルザイ政権の基盤を揺るがし続けている。この国では平和とは幻想に過ぎないのだ。

そんな状況の中で、2004年に初めて民主的に行われた大統領選挙で選ばれたカルザイ氏。白いあごひげを蓄え、民族帽を被った同氏の顔は柔和でとても大統領兼軍の最高司令官には見えない。しかし、カルザイ氏のこの柔らかな物腰こそがかろうじてアフガニスタンの現政権が世界の信頼を保っている命綱となっているのかもしれない。

タイム誌に本人が語っているように、「私が協調的な姿勢をやめて独善に走ったら、この国は今のような調和はとれていないだろう。問題があるとすれば、私は国家が危急のときにあってあまりに民主的だということかもしれない。」という台詞が、この政治家のスタイルをうまく言い表している。

If I adopt a style of not consulting, and of doing it alone, the country will not have the kind of harmony it has today. My problem is perhaps that I'm too much of a democrat for this time of the country's life.

政治家の資質とは】

カルザイ氏の横顔

しかしながら、カルザイ氏に対する内外の目は厳しい。未だにタリバン掃討も、政府の腐敗も実行できないのは彼のコンセンサス重視型の政治姿勢にあると見られているのだ。タイム誌が結論づけているとおり、2009年の次期大統領選まで3年。カルザイ氏とこの国の真価が問われるのは、2009年の次期大統領選のときだろう。

The next Afghan presidential election is in 2009, and Karzai has said he doesn't plan to run again. ------ Karzai's biggest test, and his country's, will come when he is gone.

驚くべきは、大統領官邸にいてもいつ殺されるかも分からない状況で、それでもコンセンサスを重視し、柔和な姿勢を崩さないカルザイ氏のような途上国の政治家の胆力だ。

果たして、日本の政治家にそれだけの胆力があるだろうか?平和な時期には、安倍氏も勇ましいことを言うのはいい。あいまいにお茶を濁すのもいい。しかし、ここぞというときには命を張ってこの国の国民を守る胆力を持ってほしいものだ。

★最後まで読んでくれてありがとう。いい記事だと思われたら、ポチッとひと押しお願いします。
FC2 Blog Ranking

≪参考≫・・・フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1. 「ハーミド・カルザイ」

2. 「アフガニスタン」

3. 「タリバン」

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。